DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハシボソキツツキ

こんな鳥ともモントリオールの街で出会いました。ハトほどもある大きくて美しいキツツキ、ハシボソキツツキです。

20180427IMG_1081.jpg
(20180427 カナダ)

英名のNortahn Flickerの方が、日本でも通りがいいかもしれません。北米大陸に広く分布している鳥で、かつて氷河期に二つの亜種に分かれ、大陸東部には羽の内側が黄色い亜種が、西部には赤い亜種がそれぞれ分布しています。この写真でわかる通り、モントリオールにいるのは黄色い方ですね。

20180427IMG_1109.jpg
(20180427 カナダ)

キツツキとはいうものの、地面に下りて地表を嘴でつつき、虫かなんかを食べたりしています。嘴も確かに名前の通り細長いですね。万が一にも日本に飛来したら大騒ぎとなることでしょうが、ここでは数メートルの距離でじっくり観察することができました。
スポンサーサイト
[ 2018/05/03 12:45 ] 鳥類 | TB(-) | CM(0)

トウブハイイロリス

4月27日から29日まで、例によって詩の朗読のお仕事でカナダはモントリオールに滞在しておりました。

モントリオールの街中では、たくさんのリスに出会いました。

20180427IMG_1069.jpg 20180427IMG_1072.jpg
(20180427 カナダ)

まことにかわいらしいこのリスたち。トウブハイイロリスといって、アメリカ合衆国からカナダ南部まで幅広く生息しているリスです。おそらく人に餌をもらい慣れているのでしょう。すぐ近くまで近寄ってくる個体もいます。

20180427IMG_1117.jpg
(20180427 カナダ)

地面を掘り返して何か食べている様子を動画に撮ってみました。



白い個体とも1頭出会いました。いわゆるアルビノではなく、白化個体のようです。

20180427IMG_1075.jpg 20180427IMG_1076.jpg
(20180427 カナダ)

動画もどうぞ。モントリオールの街にはまだ雪が残っています。



実はこのトウブハイイロリスは、世界各国に人為的に移入され、各地で外来種問題を引き起こしています。とりわけヨーロッパでは在来のリス類と競合・駆逐しており、世界の侵略的外来種ワースト100にも選定されています。

そのため、日本でも外来生物法により特定外来生物に指定されており、飼育や放逐は厳しく規制されています。やはり、動物というのは原産国で出会うのがいいですね。

※トウブハイイロリス
特定外来生物

[ 2018/05/02 22:01 ] 哺乳類 | TB(-) | CM(0)

カエルを捕食するニホンイタチ

この日は谷津田の調査ミッション。お昼前、斜面林によじのぼって圃場を見下ろしていると、現地スタッフのUさんが「イタチがいるよ」と指さします。なるほど、十数メートル下の土水路に渡したフタの上にイタチがいて、カエルを食べていました。

20180416IMG_0929.jpg 20180416IMG_0934.jpg
(20180416 千葉県)

なかなか立派なイタチです。あとでこのイタチがいた場所を計測したところ、頭胴長は30cmを越えていました。イタチはどうもこちらに気づいているようですが、上から下に見下ろす格好になっているせいか、逃げようともせずにせっせとカエルを食べています。カエルはシュレーゲルアオガエルのようです。この日は多数の個体が近隣の水路に出てきていました。温かくなり、繁殖のために這い出してきたところを襲われたものでしょう。動画でどうぞ。



この動画でもクリーム色のものを食べずに残しているのが見えますが、これはカエルの胎内の卵塊。結局、最後まで食べずに放置してありました。

20180416IMG_0942.jpg
(20180416 千葉県)

あとで見に行くとそっくりそのまま残っていました。そういえばイタチがカエルの卵塊を食べているところはあまり見ません。「食べたくない」と思う何かがあるのでしょう。

この谷津田では、日頃、イタチの足跡や糞などはよく見かけますし、直接出くわすこともあります。しかし、こうして日中にまとまった時間、その姿を観察することができる機会は貴重なものです。カエルを食べ終えたイタチはひょいとフタの下にもぐりこみ、水路づたいに去ってゆきました。

▽ニホンイタチに関する過去の記事
夜間、水辺に現れたニホンイタチ 2016.3.29
ニホンイタチの轢死体 2012.7.13
ニホンイタチの足跡 2012.6.11
ニホンイタチ 2010.12.21
[ 2018/04/16 22:28 ] 哺乳類 | TB(-) | CM(0)

フジハムシ

まだ3月だというのに既にサクラは満開、GWくらい暑かったこの日。フジハムシに出会いました。

20180329IMG_0694.jpg
(20180329 千葉県)

体長は5、6mmほど。赤と黒の姿、丸っこい体型など、テントウムシっぽいハムシです。名前の通り、食草はマメ科のフジです。新成虫が出現するのは5月くらいのはずですので、この写真のは越冬していたのが暖かくて出てきてしまったものでしょうか。林縁で、茎の先端にじーっととまっていました。

[ 2018/03/30 18:35 ] 昆虫類・甲虫目 | TB(-) | CM(0)

ハシブトガラスの水浴び

この日は夫婦で千葉市動物公園に行ったのですが、飼育されている動物も可愛いけれどやっぱり野鳥も気になる私。池で水浴びをしているハシブトガラスを撮ってみました。


(20180315 千葉県)

「烏の行水」なんて言いますが、実際のカラスはけっこう時間をかけて水浴びをします。その羽は決して黒一色ではなく、紫や藍色が混じった微妙な色合いなことが濡れているとよくわかりますね。

このカラス、よく見ると上嘴がちょっと欠けています。何か固いものでも突ついたのでしょうか。生活に影響がなければいいのですが。

▽ハシブトガラスの関する過去の記事
アカエイの死骸をつつくハシブトガラスの群れ 2016.4.2
スズキの死体をあさるハシブトガラスたち 2015.9.15
ハシブトガラスの集団水浴び 2015.3.24
ハシブトガラスの採餌 2012.9.23
ハシブトガラス 2009.6.24

[ 2018/03/17 11:35 ] 鳥類 | TB(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。