フタナミトビヒメシャク

2017.04.29(Sat)

昨日の記事のセスジナミシャクがとまっていたのと同じ、民家の壁です。フタナミトビヒメシャクもとまっていました。春になるといろんなガが出てまいります。

20170428IMG_6858.jpg
(20170428 千葉市緑区)

幼虫の食草はバラ科、シュウカイドウ科、タデ科、カタバミ科などの様々な植物。このお宅の庭にもそれらが色々と生えていますので、何を食べて育ったものかはわかりません。このガの幼虫は、奇妙に細長い独特の姿をした尺取虫です。ひとつそれを見つけ出すのがこの場所における生態を探る早道でしょう。

愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
大島 健夫

マイナビ出版 2014-08-20
売り上げランキング : 169152

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

12:41 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

セスジナミシャク

2017.04.28(Fri)

セスジナミシャクは開張2cm半程度。平地から低山地までごく普通に見られるシャクガですが、いつ見ても何度見ても、その翅の幾何学模様には目を奪われてしまいます。

20170428IMG_6856.jpg
(20170428 千葉市緑区)

火花が散ったようというか、紙を折りたたんだ跡のようというか、不動明王の背後の炎のようというか、とにかく不可思議かつ躍動的でなかなか目が離せません。春と秋に成虫が出現し、幼虫の食草はアケビなど。皆様の目には、この模様は何に映りますでしょうか。

本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 11759

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Category: 昆虫類・チョウ目

22:18 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

クロオオアリ

2017.04.27(Thu)

ちっちゃなアリの中でも、クロオオアリは体長が7~12mmほどあり、日本で最大の種のひとつです。開けた庭や陽当たりの良い土手など、身近な場所で普通に観察することができます。

20170427IMG_6757.jpg
(20170427 千葉市若葉区)

このような働きアリは、ひとつの巣の中に多ければ1000匹ほどもいます。巣の中には当然、女王アリがおり、これは10年から20年も生き、その間、子供を産み続けます。いっぽう働きアリの寿命は1、2年。地下の巣の中には高度に組織化された社会が広がっています。じっとこちらを見上げていたこの写真のアリは、どのようなものを見、何を感じ、どのように暮らして死んでいくのでしょうか。

愛すべき里山の生き物たち 第3集 ~里山のハンターたち編~愛すべき里山の生き物たち 第3集 ~里山のハンターたち編~
大島 健夫

マイナビ出版 2014-12-19
売り上げランキング : 183963

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Category: 昆虫類・ハチ目

23:15 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

陸上を這うウマビル

2017.04.26(Wed)

水が入っているけれど田植えはまだの田んぼで、緑色のウマビルがうにょうにょと移動しています。

20170425IMG_6713.jpg
(20170425 袖ヶ浦市)

と、そのうち畔に上陸して、湿った泥の上を這い始めました。



その動きは基本的に水中と同じようですが、身体の先端と末端で地面にくっつきながら巧みに移動しているのがわかります。日頃、淡水巻貝などを食べている(人の血は吸わない)ウマビル、時にはこうして上陸してみることもあるのです。それにしても、伸びた時と縮んだ時の長さの差が印象的ですね。

▽ウマビルに関する過去の記事
ウマビルの動き方 2011.5.31
ウマビル 2010.5.29

本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 184569

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



Category: 環形動物

14:14 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

ムネアカアワフキ

2017.04.25(Tue)

名は体を表す、胸部が真っ赤なムネアカアワフキ。なかなか鮮やかな姿ですね。

20170425IMG_6670.jpg
(20170425 袖ヶ浦市)

もっとも、こういうふうに胸が赤いのは実は雌の場合でして、雄は「小楯板」だけが赤くなっています。

体長はわずかに4、5mmくらい。幼虫はサクラの木に寄生します。春に成虫が現れる、里山の小さな色彩です。

ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-06-17
売り上げランキング : 185592

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Category: 昆虫類・カメムシ目

23:07 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
405位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
43位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑