鳴くニイニイゼミ

2017.07.20(Thu)

ニイニイゼミの鳴き声も最盛期を迎えています。昨日の記事のように、羽化できずに死ぬ個体もいれば、羽化して鳴く個体もいます。サクラの木で鳴いているやつを動画に撮影してみました。


(20170719 千葉市若葉区)

周囲でたくさんのニイニイゼミが鳴いているので最初は多少わかりにくいかもしれませんが、「チー」と始まり、腹部を震わせて懸命に「ジー」と鳴き、そしてまた「チー・・・」と戻ってゆく様が聴きとれます。これが多数のセミが集まって鳴いていると金属音のシャワーのようになるわけです。

ニイニイゼミが土の中にいる期間は3年から5年。この動画のセミは、2012年から2014年くらいの生まれということになるのでしょう。一方、羽化後の寿命は長くても一ヶ月ほど。おそらくもう二度とこのセミに会うこともないと思います。動画をご覧になった方は、できましたら、こういう存在もこの世にいたことを覚えておいていてあげてください。

▽ニイニイゼミに関する過去の記事
ニイニイゼミの抜け殻 2012.7.23
シオヤアブ、ニイニイゼミを捕食する 2012.7.22
ニイニイゼミ 2012.7.21

本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 171895

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Category: 昆虫類・カメムシ目

18:45 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

ヤナギカワウンカ

2017.07.06(Thu)

その名の通り、ヤナギによく集まるというヤナギカワウンカ。横から見ると、なんともおかしな顔をしています。

20170628IMG_7928.jpg
(20170628 袖ヶ浦市)

体長は6、7mmほど。樹皮のような褐色の模様も味がありますが、その頭部は西洋甲冑に大きな目玉をくっつけたかのよう。アシやガマが生い茂る湿地帯にかなり大量にいましたが、そのそばにはなるほど、ヤナギの木があったのでした。

ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-06-17
売り上げランキング : 128415

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Category: 昆虫類・カメムシ目

22:59 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

コガシラアワフキ

2017.07.05(Wed)

コガシラアワフキです。アワフキムシの中でも頭が小さめだというので「小頭」アワフキ。体長は7、8mmといったところです。

20170628IMG_7951.jpg
(20170628 袖ヶ浦市)

赤みがかった体色もなかなか渋いですね。ヨモギなどの汁を吸って暮らしています。カメラを近づけるとピッピッと逃げてしまうのでなかなか写真が撮りにくい虫です。武器もないこのような小さな虫は、そのくらいじゃないとなかなか生き残れないのでしょうね。

本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 141407

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Category: 昆虫類・カメムシ目

10:04 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

ヒメホシカメムシ

2017.06.11(Sun)

人面っぽい模様を持つ昆虫はあまたありますけれど、このヒメホシカメムシなどもその仲間でしょう。赤と黒の背中はかなりの顔っぽさです。

20170607IMG_7626.jpg
(20170607 富津市)

よく似たオオホシカメムシより一回り小さく、1cmちょっとしかありません。背中に一対ある黒い「目玉」も、やや小さく感じられます。

シイやクワ、アカメガシワなどによく集まります。やはりオオホシカメムシと同様、雑木林に生きるカメムシです。

ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-06-17
売り上げランキング : 34239

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Category: 昆虫類・カメムシ目

21:04 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

マルウンカ

2017.06.09(Fri)

マルウンカは、大きさという形といいまるでテントウムシのようです。しかし、よく見ると目玉の大きい変な顔をしていて、甲虫ではないことがわかります

20170607IMG_7608.jpg
(20170607 富津市)

カメムシ目ヨコバイ亜目の中のハゴロモ上科、マルウンカ科に属しています。このぼってりした体つきがウンカの仲間というのもなんだか不思議ですね。広葉樹林や林縁などの植物上で見られ、様々な植物の汁を吸って暮らしています。白い斑紋には個体によってかなりの変異があり、中には無紋に近いものもいます。夏の間、成虫の姿を見ることができます。

本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 177315

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Category: 昆虫類・カメムシ目

21:31 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
369位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
39位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑