ベンケイガニ

2017.08.09(Wed)

この日はデンマーク人二名と鋸山に登るということをやっておりました。小雨が降りけむり湿度が極めて高く、大きなカニたちが何匹も道路上を歩き回る姿が見られました。おなじみのアカテガニだけでなく、ベンケイガニにも出会うことができました。

20170804IMG_8480.jpg
(20170804 富津市)

「弁慶」の名に恥じず、大きくてゴツゴツした感じの蟹です。アカテガニとは、甲羅のサイド、眼のやや下あたりに「切れ込み」が入っていることで区別できます。また甲羅自体も凹凸が多く、何と言うか筋肉質な感じがします。

河口付近の河川沿いに生息し、一生、水から遠く離れることはありません。房総半島ではその生息数は決して多くなく、県のレッドデータブックでは「B(重要保護生物)」にランクされています。

※千葉県RDB・B(重要保護生物)

本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 186660

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

Category: エビ・カニ類

22:41 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

クロベンケイガニ

2016.10.03(Mon)

昨日のエビガラスズメの記事と同じく、旧中浜小学校跡地をご案内頂いている際に、校舎周辺で数頭のクロベンケイガニに出会いました。校舎のあたりは湿地帯になっています。

20161003IMG_4510.jpg 20161003IMG_4530.jpg
(20160927 宮城県亘理郡山元町)

河口域でよく見られるカニで、陸上で暮らしはしますが水からそう遠く離れることはありません。ベンケイガニよりも黒っぽく、アシハラガニと比べると甲羅の側面に切れ込みがありません。色を別にすればアカテガニにやや似ていますが、甲羅の表面がより盛り上がっています。

この地で暮らしていたカニたちは、大津波で一度さらわれたはずです。繁殖のために海と陸とを行き来するこのようなカニたちは、5年半の歳月を経て、校舎の跡地で暮らしています。

※クロベンケイガニ
千葉県RDB・D(一般保護生物)


本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 160405

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Category: エビ・カニ類

13:29 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

ヤマトオサガニのウェービング(求愛行動)

2016.08.04(Thu)

谷津干潟です。大小さまざまなヤマトオサガニが採餌したり歩き回ったりしています。

20160804.jpg
(20160803 習志野市)

ハサミの大きい方が雄です。この雄たちは、ハサミを体の前で揃えて上下させるような、不思議な動作を繰り返します。これはウェービングと呼ばれるもので、雌に対する求愛行動です。動画で追ってみました。



・・・つぎつぎと雌の気を引こうとしては逃げられ、追いかけても逃げられ。この動画の雄には若干、悲哀が漂っていますね。

※ヤマトオサガニ
千葉県RDB・D(一般保護生物)


▽ヤマトオサガニに関する過去の記事
ヤマトオサガニ 2010.5.20

愛すべき里山の生き物たち 第4集 ~繁殖行動の秘密編~愛すべき里山の生き物たち 第4集 ~繁殖行動の秘密編~
大島 健夫

マイナビ出版 2015-02-26
売り上げランキング : 167235

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Category: エビ・カニ類

11:00 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

イソガニ

2015.10.15(Thu)

名前の通り、磯やテトラポットの陰のようなところでよく見られるイソガニ。どうしたわけか、真昼間から砂浜を無防備にとことこ歩いているやつがいました。

20151015.jpg 2015010151.jpg
(20151015 千葉市美浜区)

甲幅は3cmほど。北海道以南の岩場のある海岸に分布し、小動物、死骸、海藻など何でも食べる雑食性です。複雑な模様のある甲、しましまの脚、紫のドットが入ったハサミなど、よく見るとなかなかおしゃれな姿をしていますね。

ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-06-17
売り上げランキング : 117956

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




Category: エビ・カニ類

17:40 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

モクズガニ(♀)

2015.07.21(Tue)

この日は谷津田の調査ミッション。前日に水路に仕掛けて頂いていたかご網を引き揚げると、モクズガニが入っていました。

20150721.png 201507211.png
(20150720 袖ヶ浦市)

ハサミが小さく、「藻屑」部分が少ないので、引っくり返しておなかを見るまでもなく雌であることがわかります。甲幅は6cmほど、脚の先から先までだと20cmくらいはありそうで、なかなかの迫力です。

この場所には毎月かご網を仕掛けて頂いて中身を調べているのですが、2012年の6月にもやはりモクズガニがかかったことがあります。さらに谷津の上部の湧水で子ガニを捕まえたこともありますから、普段は姿を見せないものの、近辺に生息しているのでしょう。モクズガニはこのような淡水で暮らし、成長するとある段階で海へ降りて交尾・繁殖を行い、そこで死にます。生まれた子ガニは成長とともにまた川を遡上してくるという生活史を持っています。誕生から繁殖して死ぬまで、その寿命は数年程度。このカニもやがて、死ぬために、生み出すために、海へと降りてゆくのでしょう。

※モクズガニ
千葉県RDB・D(一般保護生物)
千葉市RDB・A(最重要保護生物)


▽モクズガニに関する過去の記事
ギャラリーいなげのモクズガニ 2011.8.13

ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ 2015-06-17
売り上げランキング : 54236

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Category: エビ・カニ類

23:22 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
587位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
59位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑