ハリガネムシ

2013.01.24(Thu)

谷津田の水路の水底から、ハリガネムシが出てきました。

IMG_4350.jpg IMG_4353.jpg
(20130123 袖ヶ浦市)

ハリガネムシというのは、「類線形動物」という仲間に属します。少し前までは、回虫や蟯虫などの、人間にとってはあまりお友達になりたくない生き物が属する「線形動物」の一員だと考えられていました。線形動物とは違うけど似ているので「類」線形動物というわけです。

体長は、(伸ばすと)10cmから30cmほど。その生態はなかなかややこしい他力本願なものです。まず、水中で卵から孵り、ちっちゃな水生昆虫に食べられます。そしてその体内に寄生して、宿主がカマキリやキリギリスのような、もっと大きな昆虫に食べられるのを待つのです。とりわけカマキリが多いです。

そうしてカマキリなどのおなかの中で成長し、宿主が水辺に近づくと体外に脱出して水中に戻り、水中で交尾・産卵します。この日土水路の底から出てきたのは、越冬中のそうした成虫です。

このブログの読者の中にも、カマキリのおなかの中から針金みたいなものが出てきて仰天した経験を持つ方がいらっしゃることでしょう。あれがこれです。秋に、おなかの大きなカマキリのお尻を片っ端から水につけてみると、運が良ければハリガネムシに出会えます。宿主を水辺に近づかせるにあたっては、その脳を乗っ取って水中に飛び込ませている・・・というぶっそうな説もあります。それが本当かはさておいて、寄生された昆虫が生殖能力を失うのは事実ですから、結局こいつにとりつかれると、おなかの中でこれを養ってやるためだけに生きることになります。

IMG_4354.jpg IMG_4355.jpg
(20130123 袖ヶ浦市)

拡大するとこんな感じ。名前の通り体は固く、伸縮もしませんので、からまっていると鋳物門扉の飾りみたいに見えます。実際に触ってみると、博多ラーメンのバリカタの一番固いやつをさらに固くしたくらいの感じです。絶対に食べたくありませんが。

動きは、こうです。



長くて足のない生き物はミミズからヘビまでたくさんいます。しかしそれらはみな柔軟な体を持っています。足がなくて長くて固い体を持っていると、その動きはかくも独特なものになるのです。



スポンサーサイト

Category: 類線形動物

21:07 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

プロフィール

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1035位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
106位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑