ミドリシジミ

2017.07.16(Sun)

暑い日が続きますね。

午後4時近く、谷津田の林縁でミドリシジミを1頭見つけました。

20170714IMG_8060.jpg
(20170714 千葉市若葉区)

雄の翅の表側が光沢のある緑色に輝くことからその名があるシジミチョウです。幼虫の食草はハンノキで、これは伝統的な谷津田の奥まったところの湿地や休耕田に生える樹木ですから、このチョウもまた里山のチョウです。しかし、そのようなハンノキ林を有する谷津田は、とりわけ北総地域では確実に少なくなってきました。現在、ミドリシジミは千葉県のレッドデータブックでは「C(要保護生物)」として記載されています。

※ミドリシジミ
千葉県RDB・C(要保護生物)


ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-06-17
売り上げランキング : 154921

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

22:19 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

トラフシジミ

2017.07.11(Tue)

朝、林縁の葉上で休んでいるトラフシジミに出会いました。

20170701IMG_8024.jpg
(20170701 袖ヶ浦市)

名前の通り、翅の裏側は虎斑のような縞模様になっています。この写真の個体は夏型で、春型ですと白と褐色のコントラストが鮮やかでさらに虎っぽいです。

平地から山地までの雑木林とその周辺で見られますが、房総半島におけるその個体数は決して多くはありません。とりわけ北総地域では減少しており、これはやはり健全な雑木林の経営が維持された里山環境の衰退と軌を一にしていると考えられます。

※トラフシジミ
千葉県RDB・D(一般保護生物)


本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 156895

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Category: 昆虫類・チョウ目

20:50 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

チャオビヨトウ

2017.07.10(Mon)

翅に茶色の帯が入ったヨトウガ、チャオビヨトウ。最初は白帯からスタートし、成長すると黒帯を取得してクロオビヨトウになる・・・といったことはもちろんあるはずがなく、終生茶帯のままです。

20170630IMG_8018.jpg
(20170630 千葉市緑区)

幼虫はクワ科のカナムグラを食草とし、成虫はコナラやクヌギなどの樹液に集まる、雑木林のガです。成虫は初夏から秋までその姿を見ることができます。

愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
大島 健夫

マイナビ出版 2014-08-20
売り上げランキング : 31938

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Category: 昆虫類・チョウ目

22:44 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

マツアトキハマキ

2017.07.09(Sun)

昨日に引き続き、ハマキガの仲間を取り上げます。今日はマツアトキハマキ。雄で開張2cm、雌で3cmほどのそんなに大きくないガですが、やはり模様は複雑で美しいものです。この写真の個体は雌。

20170628IMG_7993.jpg
(20170628 袖ヶ浦市)

名前のマツというのは松で、幼虫はそのマツやスギのような針葉樹を食草とします。房総半島では南部の丘陵地帯でよく見られ、平地よりも山地に多いようです。やはり夜は灯火にもやってきます。

愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
大島 健夫

マイナビ出版 2014-08-20
売り上げランキング : 111253

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Category: 昆虫類・チョウ目

21:59 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

コクリオビクロヒメハマキ

2017.07.08(Sat)

ハマキガ科、ヒメハマキガ亜科のコクリオビクロヒメハマキ。それほど珍しい種というわけでもありませんが、名前も長ければ姿も不思議なガです。

20170628IMG_7961.jpg
(20170628 袖ヶ浦市)

漢字で書くと小栗帯黒姫葉巻。何がなんだかよくわかりませんね。模様も様々な色彩が錯綜した曰く言いがたい複雑なもので、それがハマキガの常で紡錘形にとまっているので、奇妙な宇宙船か何かのように見えます。

もっとも、このガはわずかに開張15mmほど。これが宇宙船だとしたら、乗っている宇宙人もせいぜい1mm以下でしかないことでしょう。

本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 149647

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Category: 昆虫類・チョウ目

16:26 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
395位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
44位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑