ヒメガムシ

2017.10.31(Tue)

ゲンゴロウと並ぶ水生甲虫の有名どころ、ガムシにも実にさまざまな種類があります。このヒメガムシは、ガムシやコガムシなどとフォルムはそっくりですが小さく、体長は1cmちょっとくらいしかありません。

20171030IMG_9492.jpg
(20171030 千葉県)

恐ろしい捕食動物であるゲンゴロウに対し、こちらは雑食で、動物の死骸から植物質のものまで様々なものを食べます。ゲンゴロウの泳ぎ方がスマートなのに比べ、こちらは何だかドタバタとしておぼれかけているようにも見えるのがご愛嬌。平地から丘陵地の池沼や湿地、水田などに生息していますが、近年では次第にその姿を見かけなくなりつつあります。

スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

16:15 | Comment(1) | Trackback(-) | EDIT

ケシゲンゴロウ

2017.10.30(Mon)

ケシゲンゴロウは、体長4、5mmほどの小さなゲンゴロウです。テントウムシのような丸っこい体つきをしていますが、よく見るとオール状の後脚はやはりゲンゴロウそのものです。

20171030IMG_9366.jpg 20171030IMG_9391.jpg
(千葉県 20171030)

池沼や湿地に見られる種で、ここでは谷津田の水たまりのようなところに集まっていました。田んぼから水がなくなっているこの時期、水生昆虫には条件の良い水場が必要です。乾田化、そして稲作そのものの衰退と、この国における農業の構造変化は、古来から農の営みとともに生きてきた虫たちの棲家を急速に奪いつつあります。

Category: 昆虫類・甲虫目

23:28 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

カワラゴミムシ

2017.08.29(Tue)

23日に灯火にやってきた虫シリーズ、今日はカワラゴミムシの登場です。

20170823IMG_8729.jpg
(20170823 袖ヶ浦市)

サイズもプロポーションもカラーリングもテントウムシに似ています。しかし、よく発達した大顎と長い脚は、テントウムシにはない特徴です。

この大顎が示す通り、他の昆虫を捕えて食べる肉食です。ふだんは河川や湖沼、海岸の砂浜といった砂礫地の物陰に隠れており、夜になると活動するのです。日本に生息するカワラゴミムシ科の昆虫はこれ一種。河川の護岸工事などによって、県北部では減少しつつあります。カワラゴミムシは千葉県のレッドデータブックでは「C(要保護生物)」にランクされていますが、他にも様々な都道府県のレッドデータブックに掲載されています。

※千葉県RDB・C(要保護生物)

愛すべき里山の生き物たち 第3集 ~里山のハンターたち編~愛すべき里山の生き物たち 第3集 ~里山のハンターたち編~
大島 健夫

マイナビ出版 2014-12-19
売り上げランキング : 181792

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Category: 昆虫類・甲虫目

18:59 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

コガシラミズムシ

2017.08.26(Sat)

23日に灯火にやってきた虫シリーズ、今日はコガシラミズムシです。

20170823IMG_8674.jpg
(20170823 袖ヶ浦市)

体長わずかに3、4mm。全体のプロポーション、鞘翅の質感など、どことなくゲンゴロウ的な姿をしていますが、これもやはり水田や池などに生息する水生昆虫です。ただし、ゲンゴロウなどとは異なり植物食で、アオミドロを食べたりしています。夜は灯火にも飛来します・・・って、それはこうして紹介している時点で明らかですよね。失礼いたしました。

ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-06-17
売り上げランキング : 191298

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Category: 昆虫類・甲虫目

22:35 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

スジアオゴミムシ

2017.08.16(Wed)

夜行性で昼間はあまり出歩かないスジアオゴミムシ。たまに日中に見るとなかなか綺麗です。

20170809IMG_8608.jpg
(20170809 千葉市若葉区)

体長は2cmと少々。名前の通り、鞘翅には無数の縦筋が盛り上がっています。地表を歩き回り、死骸に集まったり小型節足動物を捕食したりするのは他のゴミ虫たちと同じ。雑木林の林床で、しばしばその姿を見ることができます。

愛すべき里山の生き物たち 第3集 ~里山のハンターたち編~愛すべき里山の生き物たち 第3集 ~里山のハンターたち編~
大島 健夫

マイナビ出版 2014-12-19
売り上げランキング : 176937

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Category: 昆虫類・甲虫目

20:40 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
738位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
70位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑