ニホンイシガメの日光浴・11月

2010.11.30(Tue)

気温・水温の低下とともに、日光浴をしているカメの姿もめっきり少なくなりました。暖かかったこの日、川岸の土手に久しぶりにニホンイシガメ の姿がありました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20101129 千葉市若葉区)


オレンジ色の小さな頭部、甲羅後縁のギザギザ、長い尻尾。これらが他のカメとイシガメを見分ける特徴です。この川に、イシガメよりずっと多数が生息しているはずのクサガメ は、この季節にはもうほとんど姿を見ることができません。イシガメは冬眠動物ではありますが、かなり寒さに強いのです。また、秋から春にかけて水中で交尾も行います。昨年から今年にかけて、私は市内の水場をあちこち調べ、イシガメは市内にかなりの数が生息しているものの、その生息地はかなり限定的であるということを知りました。それは、ほんのわずかな環境改変で姿を消してしまうということ可能性があるということをも意味しています。いつも言っていることですが、希少な生き物に対して、その生き物「だけ」を保護するのではなく、その生息環境そのものをパッケージとして保全するということ、いかにそのことを効果的に実現するかを様々な立場の関係者が真摯なコミュニケーションの上に考えていくことが、今後ますます強く求められるところだと私は思います。


※ニホンイシガメ

環境省レッドリスト・DD(情報不足)

千葉県レッドリスト・B(重要保護生物)

千葉市レッドリスト・A(最重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

Category: 爬虫類

14:48 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

ナシケンモンの幼虫

2010.11.29(Mon)

体長3cmほどの、わりと派手めな毛虫が道路を横切っていきます。ナシケンモンの幼虫です。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20101128 千葉市若葉区)


ナシケンモンは、ヤガ科に属するガで、漢字で書くと「梨剣紋」。成虫はヤガらしく尖った体型をした、褐色に白っぽい模様の入った地味なガです。名前からするとナシばかり食べているようだけれども、実際にはサクラやアブラナ科、タデ科など様々な植物を食草として育ち、いろいろな野菜にもつくので害虫として扱われています。さなぎで越冬する性質を持つので、この時期にはかなり大きくなった幼虫がいるのです。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ



Category: 昆虫類・チョウ目

17:02 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

チュウサギ、ニホンカナヘビを捕食する

2010.11.24(Wed)

こちらから見ると田んぼの向こうを流れる川のそのまた対岸を、チュウサギ が一羽歩いているのを見つけ、ずうずうしく近寄ってみました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20101124 千葉市若葉区)


人間と同じように、鳥にも一羽一羽性格の違いがあり、またその時置かれている状況や季節、体調等によって近づかせてくれる場合と近づかせてくれない場合とがあります。このひとは近づかせてくれるひとでした。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20101124 千葉市若葉区)


時折、このように立ち止まって頸をもたげて警戒するので、その時だけ私も立ち止まって知らんぷりし、警戒をやめて歩き出すとまた後をくっついて歩き出すというパターンで、最終的には川の流れを隔てただけの、数mまで接近。


あ、なんか見つけたようです。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20101124 千葉市若葉区)


捕まえました!ニホンカナヘビ です。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20101124 千葉市若葉区)


土手で日光浴しているのを捕まえたのでしょう。さっきから陽当たりの良い土手を流れに沿ってえんえんと歩いていたのは、こういう獲物を探していたのです。

DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20101124 千葉市若葉区)


ゴクッと飲み込み、変なポーズで頸を振って胃に収めてから、また足元を気にしつつ土手を歩いてゆきました。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20101124 千葉市若葉区)


冬が訪れる中、みんなそれなりに必死なようです。誰だって食べて生きていかなきゃなりませんからね。


※チュウサギ

環境省レッドリスト・NT(準絶滅危惧)

千葉県レッドリスト・B(重要保護生物)

千葉市レッドリスト・C(要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ








Category: 鳥類

18:28 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

エサキモンキツノカメムシ

2010.11.23(Tue)

エサキモンキツノカメムシは、ツノカメムシの中でもわりあい知名度が高いほうです。理由はもちろん、背中の模様がハート形で目立つからです。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20101122 千葉市若葉区)


漢字で分解すると「江崎紋黄角亀虫」という、なんだかわけわかんない字面になります。この「江崎」というのは人名でして、日本昆虫学会会長などを務め、1957年に亡くなられた著名な昆虫学者、江崎悌三博士にちなんでいるということです。


体長は1cm少々。ハート形が目立つだけではなく、この種の雌には、産んだ卵を身を挺して守るという習性があり、これはカメムシの仲間の中でも数少ないものです。


(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ



Category: 昆虫類・カメムシ目

18:03 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

ルリタテハの羽化

2010.11.22(Mon)

うちの母が玄関に飾ったホトトギスの花に、何かの蛹がついていました。ホトトギスについてるんならきっとルリタテハ かな?と思ったのですが、まあ実物が出てくればわかることです。茎ごと小さなケースに入れておいたところ、暖かかったこの朝、めでたく羽化しました。


羽化の瞬間は残念ながら見逃してしまいました。しかし、出てきたのはやっぱりルリタテハ。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20101121 千葉市若葉区)


さて、外に出してやりたいところだけれど、翅もしっかりしてないのをつまんだりしていいのか気になります。鼻先に左手の指を持っていってみたら、うまいこと私の指先にとまってくれたので、そーっとそのまま屋外に持っていきます。

DAYLIGHT RAMBLER  

(20101121 千葉市若葉区)


しばらく陽にあてていると、カパッと開きました。地味な裏側と違い、表側は大変綺麗です。右手のカメラで左手のものを撮影するのも最近すっかり慣れてきました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER

(20101121 千葉市若葉区)


そのうち、手首のへんまで上ってきて、数分間日光浴を続けておりました。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20101121 千葉市若葉区)


そして、ふわりと飛び立つと、庭のサザンカの蜜を吸い始めました!これで文字通り、人の手を離れたわけです。良かった良かった。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20101121 千葉市若葉区)


ルリタテハは年に二回発生し、こうして秋に羽化したものは成虫のままで越冬します。一冬を乗り切ったころにはこの瑞々しい翅もボロくなっていることでしょう。そしてうまく春を迎えると繁殖行動を行い、そこで生まれた幼虫はひと夏の間に成長して羽化し、彼らが繁殖するとまたこのような「秋型」のチョウが生まれてくるのです。まるで掟のように定まったサイクルを繰り返しながら、彼らは生き、死に、また生まれてゆくのです。


(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ






Category: 昆虫類・チョウ目

20:44 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

フユイチゴ

2010.11.21(Sun)

ニホンザル の声が間近に聞こえる山道で、フユイチゴを見つけました。もうこれが実る季節です。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20101116 大多喜町)


名前の通り、冬に実をつけるキイチゴの仲間です。見た目には信じられませんが、「草」ではなく「木」に分類されます。蔓性の常緑低木です。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20101116 大多喜町)


おいしそうでしょ?もちろん食べられます。かすかに甘酸っぱい味です。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20101116 大多喜町)


ただし、一粒がこのように数mm~1cmほどしかないので、これでおなかをいっぱいにしようとするのはちと大変ですね。実のなる前、9月~10月には白いかわいい花をつけます。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ






Category: 樹木

13:48 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

路上で寝るシュレーゲルアオガエル

2010.11.13(Sat)

毎年、この季節になると、アスファルトの上でペタッと寝ているシュレーゲルアオガエル と時折遭遇します。今年もいました。道の真ん中で・・・眠ってます。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20101113 千葉市若葉区)


ちょっと引いてみると、このようなスタイル。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20101113 千葉市若葉区)


そのままだと絶対に車に轢かれるので、つまみ上げて道路脇の林縁に移します。ご覧の通り、小さなカエルです。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20101113 千葉市若葉区)


すると今度は私の手で寝そうになり、降ろすのに手間取りました。間もなく、この個体も冬眠に入るのでしょう。来年の春になったらまた会えるかな?


※シュレーゲルアオガエル

千葉県レッドリスト・D(一般保護生物)

千葉市レッドリスト・C(要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)
人気ブログランキングへ


 



Category: 両生類

17:29 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

路上のオオアオイトトンボ

2010.11.11(Thu)


冬はもうすぐそこです。赤トンボの仲間と並んで、オオアオイトトンボ はまだその姿を見ることができます。しかし、暖かい間は枝などにぶら下がるようにとまる彼らも、この頃では少しでも陽の当たっているアスファルトの上などにこうしてたたずんでいる光景もよく目にします。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20101110 千葉市若葉区)


彼らの命もあと少しです。その命はこれから越冬する卵が引き継ぎ、来春には新しい成虫が羽化します。私たちにとってはたった一年間でも、彼らにとってはそれは一生の時間です。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20101110 千葉市若葉区)


オオアオイトトンボは、今年も去年も一昨年も、何度も何度も取り上げました。このブログに写真を載せたそれらのトンボたちは、今はもうみんなこの世のものではないことでしょう。そしてこの記事のこのトンボも、もうじきその務めを終えて旅立ってゆきます。私たちもいつの日か、それがどんなところか知るようになる場所へ。


※オオアオイトトンボ

千葉市レッドリスト・C(要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ





Category: 昆虫類・トンボ目

20:59 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

ウミネコ@千葉ポートパーク

2010.11.10(Wed)

さて、この日は大変に風の強い日でした。鳥というのは必ず風上に頭を向けて立っているものです。昨日紹介したセグロカモメ のわずか数十cm風下にはウミネコ が一羽いて、あたかもセグロカモメを風除け代りにするかのように、同じ方角に頭を向けていました。私が近づくとセグロカモメは舞い上がりましたがウミネコは逃げないので、しゃがんだままズルズルと移動し、ついに数mまで接近。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20101109 千葉市中央区)


ご覧の通り、海も荒れています。強風が吹きつけると、左写真のように首をすくめたりしています。前から思うのですけれど、ウミネコというのはどうも、腹の中で何かたくらんでいそうな顔をしていますね。冬季、千葉みなとのあたりではもっとも普通に見られるカモメです。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




Category: 鳥類

17:18 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

セグロカモメ

2010.11.09(Tue)

今日の千葉は暖かかったけれど、風が非常に強かったです。千葉ポートパークの波打ち際に、セグロカモメが一羽、佇んでいました。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20101109 千葉市中央区)


セグロカモメは、黄色い嘴の下側の赤い模様が特徴の、カラスよりほんの少し大きいくらいのカモメです。日本には冬鳥としてやってきます。もうちょっとだけ大きく、背中の色が濃いオオセグロカモメというのもいます。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ



Category: 鳥類

18:22 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

クツワムシ(緑色型)

2010.11.05(Fri)

昨年の秋にも紹介したクツワムシ 、今回は緑色型です。陽当たりの良い林縁の農道をゆっくりゆっくり歩いておりました。クツワムシはその大きな図体が晩年のジャイアント馬場やアンドレ・ザ・ジャイアントを思わせるくらい、動作が非常にゆっくりなのです。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20101105 千葉市若葉区)


生息に適する雑木林環境の悪化・消失に伴い、かつて普通の虫であったクツワムシは年々その数を減らし、今では千葉市のレッドリストに「A(最重要保護生物)」として記載されているほどです。実は今年の夏の終わり、うちの庭にはこのクツワムシが複数現れ、毎晩やかましく鳴いておりました。最初は「うんうん、庭に来てくれるなんて嬉しいな」と思っていたのですが、その、調子の悪い機械ばかり並ぶ工場のラインみたいな音を継続的に耳にするうち、だんだん「うるせぇ、この野郎」とすら感じられてきてしまいました。クツワムシの鳴き声というのはそれほど特徴的なのです。今ではそれを聴いたことのある人すら次第に少なくなりつつあるのかもしれません。昔はわりあいどこでも聴けたのですが・・・


※クツワムシ

千葉県レッドリスト・C(要保護生物)
千葉市レッドリスト・A(最重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ



Category: 昆虫類・バッタ目

17:06 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

ワカバグモ、モンシロチョウを捕食する

2010.11.03(Wed)

キバナコスモスの花の裏にモンシロチョウがぶら下がっていると思ったら、


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20101102 千葉市若葉区)


ぶら下がっているのではなく、ワカバグモ につかまっていたのでした。


カニグモの仲間であるワカバグモは網を張らずに植物上などで獲物を待ち受けてとらえるクモで、ご覧のように自分よりずっと大きい獲物をも捕食します。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20101102 千葉市若葉区)


この強力な脚と顎で捕えられたら、もう逃げられません。越冬に向けて、肉食の生き物たちも栄養確保に必死な季節です。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ





Category: 鋏角類

11:58 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

クロイロコウガイビルの道路横断

2010.11.02(Tue)

雨上がりの日は生き物の観察にもってこいです。普段出会えない場所で、普段現れない生き物と出会える確率がかなり高いからです。

さて、この日出会ったのは、うにうにと道路を横断しているクロイロコウガイビル

体長は数cm。しかし、この個体はとても太っています。栄養がいいんでしょうか。

DAYLIGHT RAMBLER DAYLIGHT RAMBLER 
(20101101 千葉市若葉区)

クロイロコウガイビルは、人の血を吸ったりはしません。カタツムリやナメクジを食べて暮らしています。普段は石の下などに隠れているのですが、湿度の高い日などにはこうして出歩いたりするのです。

その動きを動画でご覧ください。

 
(20101101 千葉市若葉区)

ちなみに、名前の「コウガイ」というのはこの生き物の頭の形に由来するもので、「笄」のことです。日本髪を結った女性が頭の後ろにさしているあれのことですね。


(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)
人気ブログランキングへ

Category: 扁形動物

17:08 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

ヤマカガシのとぐろ

2010.11.01(Mon)

雨が続いた後の晴れの日は、水辺近くにヤマカガシ が非常に多く見られます。


こんなふうに落ち葉の上でひなたぼっこをしていたり、


DAYLIGHT RAMBLER  

(20101101 千葉市若葉区)


おっと、こっちには二匹いました。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20101101 千葉市若葉区)


右下の大きいほうは私に気づいて逃げてしまい、左上の小さいほうは、少し移動して改めてとぐろを巻きなおしました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20101101 千葉市若葉区)


ぐるぐるです。


ヘビのとぐろというのは、基本的に防御の姿勢です。コンパクトにまとまり、かつ全方位的に敵に対応できる形なのです。このひとも私のカメラを警戒し、しかしながら逃げるよりもとぐろのほうがこの場合、シチュエーションに合っていると判断したのでしょう。こう見えて、ヤマカガシは毒蛇。ひとしきり接写した後で「ごめんね」と言ってその場を離れました。


※ヤマカガシ

千葉県レッドリスト・D(一般保護生物)

千葉市レッドリスト・C(要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ





Category: 爬虫類

17:03 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

プロフィール

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
461位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
43位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑