スナヤツメ

2011.10.28(Fri)

この日は鹿島川系の水路や湧水をいくつか調べて回っておりました。夕方近くなってそろそろ切り上げようかと思い、「でも最後ここだけ」と思って目の前の水路に降りて二、三歩歩き出すと、目の前の砂の中からスナヤツメが顔を出しました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20111027 千葉市若葉区)


本当にウナギみたいな形状をしていますが、類縁関係はありません。スナヤツメのようなヤツメウナギ科は、魚類の、というよりも脊椎動物そのものの先祖に近い原始的な仲間で、骨格も簡素で口には顎さえないのです。なぜ「八つ目」と呼ばれているかというと、鰓孔が七対あり、本物の眼と合わせて八つに見えるからです。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20111927 千葉市若葉区)


しかし、その「本物の眼」があるのは実のところこうした成魚のみです。


このスナヤツメは、なんと「変態」を行うのです。まず孵化すると「アンモシーテス幼生」というものになります。このアンモシーテス幼生には眼がなく、ちょっとミミズのようなスタイルをしており、水質の良い流れの底の砂泥の中で有機物を食べて15から20cmほどにまで成長します。3年ほど経過した秋に変態して成魚になると、身体はむしろ小さくなり、13から15cmくらいに縮むのです。そして、変態後は一切の食物を摂らず、翌年の春が来ると交尾・産卵を行い、その一生を終えます。ですから、この写真の個体はちょうど変態を終えたばかりということになるのでしょう。その余命はあと半年です。


国内のスナヤツメは北方種と南方種に分かれているのですが、千葉県産の個体群については識別の研究がいまだなされておらず、どちらに属しているのかはまだ正確にはわかりません。カワヤツメと異なり、一生の間海に降りないその生態は、かつては湧水を源とする細流の多い房総半島の谷津田環境によく適応していました。かつては、と言わねばならないのは、健全な谷津田環境が、特に県北部からは加速度的に失われつつあるからです。谷津田環境の保全は、こと農業だけの問題ではありません。それが失われることは、そこに依存してきた、胸を張って世界に誇れる特異で豊かな生態系が消滅してしまうことをも意味しているのです。


※スナヤツメ

環境省レッドリスト・VU(絶滅危惧Ⅱ類)

千葉県レッドリスト・A(最重要保護生物)

千葉市レッドリスト・A(最重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

Category: 魚類

19:39 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

メダカ

2011.10.27(Thu)

メダカを知らない日本人はおそらく珍しいと思うのですが、メダカを野外で見たことのない日本人は昨今、もしかするとたいへん多いのではないでしょうか。しばしば取り沙汰される通り、生息環境が非常に悪化しているからです。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20111027 千葉市若葉区)


メダカといえば代表的な田んぼの魚で、田んぼやその周りの水路で見られる、というのが一般的なイメージでしょう。ところが、現在の田んぼは圃場整備によって河川と分断されており、しかも乾田であるため冬季には水を抜いてしまいます。これではメダカが住めようはずもありません。私は現在、千葉市内の鹿島川水系の田んぼの周辺でメダカの生息状況を調べているところですが、わずかに残った湿田環境以外では、冬でも水のある水路やそれに付属するマスなどに、点々と局所的に生息しているという実態です。この写真のメダカもそのような場所で撮影しました(言うまでもありませんが記録後は元いた場所に戻しています)。


そのメダカによく似ていて、現在ではメダカよりも広範囲で見られるためにしばしば間違われるのが外来魚のカダヤシ です。しばしば同じところに混生している上、大きさも形もそっくりなのだけど、メダカはダツ目、カダヤシはカダヤシ目で類縁関係はなく、「他人の空似」に近いものです。この両者を簡単に見分けるには横からのぞくことで、


これがカダヤシ(雌)。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20111027 千葉市若葉区)


これがメダカ。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20111027 千葉市若葉区)


メダカのほうが尻ビレの基部が長いのです。また、上から見たときにはメダカのほうが頭部から背中にかけての黒い線が目立ちます。


メダカの減少についてはマスコミ等で取り上げられる機会も多く、地域の人等による「放流」もしばしば行われます。しかし、これには極めて慎重な態度で臨まなければなりません。メダカは地域集団による遺伝的差異が大きく、しかもその研究はまだ途上にあるのです。つまり、よその地域のメダカを安易に移入することは遺伝子汚染をもたらすのみならず、メダカという魚が日本列島の自然史の中でどのようにして移動し、どのように生きてきたか、という検証を不可能にしてしまうのです。それは一度やってしまったら取り返しのつかないことです。百歩譲って、野外への放流の前後の生態系の調査と、その後の管理を徹底的に行うのなら時と場合によっては検討の対象にならないこともないでしょう。しかし、はなはだ残念ながら、私はメダカを放流した団体や個人がそのようなことを行った例を、寡聞にして知りません。


これは、放流を行う個人や団体だけが悪いのではありません。外来種の問題もそうですが、本当に悪いのは、この国の人たちが生態系のシステムに対する考え方を教わる機会があまりにも少ないことだと私は思うのです。だからこそ、人々の様々な善意が実際には自然を破壊するという悲しい例が起きてしまうのです。


今そこにいる生き物はどこから来て、どのような形で他の生き物や周囲の環境と関係しながらそこで暮らしているのか。それを考えた時、人は自分の存在もどこかでその営みの中に結びついていることを知ることができます。皆がそれを当然の前提条件として、それぞれの立場から自然に関する議論を始めることができたなら、それはどんなにか実りのある議論になることでしょう。


※メダカ

環境省レッドリスト・VU(絶滅危惧Ⅱ類)

千葉県レッドリスト・B(重要保護生物)

千葉市レッドリスト・A(最重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)
人気ブログランキングへ



Category: 魚類

19:36 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

オオチョウバエ

2011.10.23(Sun)

その名の通り、なんとなくチョウやガに似た格好をした、ハエ目の昆虫です。体長は4、5mm程度。

DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20111023 千葉市若葉区)


幼虫は汚水や汚泥で暮らすため、成虫もトイレや洗面台の排水溝のようなところで発生し、一般的には不快害虫として扱われます。私は一昨年、都内の某ライヴハウスで大発生しているのを見たことがあります。


きわめて一般的な昆虫ですが、元来は南方系の昆虫で、どうも日本には戦後になって侵入したらしいのです。現在では日本全国に拡散し、北海道にまでその分布を北上させています。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ



Category: 昆虫類・ハエ目

22:29 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

ユウマダラエダシャク

2011.10.17(Mon)

ユウマダラエダシャクはご覧の通り、なかなか綺麗なガです。

DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20111017 千葉市若葉区)


しかし!この白と黒と黄色の組み合わさったカラーリングは、実は鳥の糞に擬態しているのだと考えられているのです。実際、日中にこうして翅を拡げてとまっているときはほとんど不動に近く、ちょっと目がかすんでいたりするとなんだかそういうものに見えることもあります。


夜は灯火にも集まります。幼虫はマサキなどの葉を食べる、黒字に黄色の模様の入ったシャクトリムシです。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ



Category: 昆虫類・チョウ目

18:04 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

エンマコオロギ

2011.10.16(Sun)

生き物ブログを初めて3年半。実はエンマコオロギをまだ出していなかったことに気がつきました。これだけそこらへんにたくさんいる虫なのにもかかわらず、灯台アンダーダークでございます。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20111016 千葉市若葉区)


国内のコオロギの中では最大級、かつ多くの地域で最もポピュラーなコオロギです。コロコロ・・・というかキュロロロ…というか、澄んだ美しい声で鳴くのもまたよく知られるところですが、この写真のはお尻の産卵管が示す通り雌なので鳴きません。


しかしこの虫、なぜ「閻魔」という名前がついているのでしょう。一般的には、顔が怖いからだと説明されています。隈取が入ったように見える顔の模様が、閻魔大王を連想させるというのですが・・・


DAYLIGHT RAMBLER  

(20111016 千葉市若葉区)


・・・うーん・・・



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




Category: 昆虫類・バッタ目

20:21 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

ニホンジネズミの死体

2011.10.13(Thu)

農道の道端で、ニホンジネズミの死体を見つけました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20111012 千葉市若葉区)


「地鼠」といっても、ネズミとは類縁関係はなく、むしろモグラやヒミズ の親戚にあたる食虫目の動物です。この三者は全て千葉市内の里山に棲んでいますが、深度によって棲み分けています。つまり、モグラが地中、ヒミズが腐葉土層、そしてジネズミはさらに地表近くの落葉層で、それぞれ小動物を食べて暮らしているわけです。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20111012 千葉市若葉区)


ご覧の通り、小さな眼、長い鼻づらとそこから全方位的に伸びた髭など、ネズミとはずいぶん違う顔つきをしています。


体長はわずか6cmあまり。大きいものでも10cmに満たないという、非常に小さな動物です。寿命は一年くらいだそう。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20111012 千葉市若葉区)


前肢は、モグラのようなスコップ状にはなっていません。なんだか人間に似た手です。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20111012 千葉市若葉区)


このニホンジネズミ、以前にもうちの庭で見たことがあったりして、いるのは知っているもののこうして死体を拾うのは初めてです。千葉県内には広く分布しているようですが、その生息状況には不明な点が多いということで、この死体は県立中央博物館にお納めしてまいりました。手元の資料によると千葉市内ではこれまで3例の死体回収例があるそうですから、このひとが4例目ということになるのでしょうか。何しろこの大きさなので、死体は捕食動物に食べられてしまったりすることが多く、新鮮な状態で見つかることはたいへん少ないそうです。私が見つけたのも何かの縁だったのでしょう。合掌。


※ニホンジネズミ

千葉県レッドデータブック・D(一般保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ





Category: 哺乳類

16:50 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

ヤマカガシ、ニホンアカガエルを捕食する

2011.10.12(Wed)

ヘビに襲われた時、カエルは甲高い悲鳴をあげます。一度聴いたら忘れられないような声というか音です。

生物調査中、足元から突然それが聴こえてハッとしました。そこには・・・

DAYLIGHT RAMBLER DAYLIGHT RAMBLER 
(20111011 袖ヶ浦市)

ヤマカガシは柔軟な顎でしっかりとニホンアカガエルをくわえて放しません。カエルは最後まで抵抗し、ヘビがくわえ直す一瞬の隙をついて逃げようとします。しかし、両方の後肢をしっかりとくわえられており、もはやほとんど望みはありません。



生きていくためには食べなければなりません。それは常に、目を背けたくなるような光景です。私たちは日ごろ、「生き物」が「食材」に変わる瞬間を見なくとも生活できるからです。しかし、その瞬間は消えたわけではなく、私たちの口に入るどのような食物も、常にどこかでその瞬間を経ているのです。ただ、私たちの代わりにその瞬間の作業を誰かが代行してくれているに過ぎないのです。野生の動物であろうと家畜であろうと、好き好んで私たちの口に入ろうとする生き物などいるはずがありません。それだけは確信を持って言えます。みんな生きたいのです。私たちは自分が生きるために、彼らを食べているのです。

※ヤマカガシ
千葉県レッドリスト・D(一般保護生物)
千葉市レッドリスト・C(要保護生物)

※ニホンアカガエル
千葉県レッドリスト・A(最重要保護生物)
千葉市レッドリスト・A(最重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)
人気ブログランキングへ

Category: 爬虫類

17:18 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

ホトトギス

2011.10.11(Tue)

谷津田の崖で、ホトトギスが満開です。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20111011 袖ヶ浦市)


ここでは綺麗に花が上を向いていますが、日当たりによっては垂れ下がることもあります。一見とてもそうは見えないけれど、ユリ科に属しています。ホトトギス属は19種が知られており、日本には13種が分布、うち10種が日本固有種ということですから、まさに日本列島を代表する植物のひとつといってもいいでしょう。しかし、その美しい花を目当てにした盗掘が後を絶たず、多くの種において減少の主因となっています。


※ホトトギス

千葉市レッドリスト・B(重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ



Category: 山野草

19:38 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

アオイトトンボ・2011年

2011.10.09(Sun)

この生き物ブログをスタートしてから3年半が経ちました。新しい生き物に出会うのも嬉しいけれど、毎年その場所で継続的に発生している生き物を記録できるのもまた大きな喜びです。


一昨年昨年 とアオイトトンボの交尾・産卵行動を確認した池に、今年も集まってきています。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20111008 千葉市若葉区)


プロポーションはほぼオオアオイトトンボ と同じでも、そのコバルトブルーの眼は間違えようがありません。千葉市内で出会うことのできる、最も美しいトンボのひとつです。


※アオイトトンボ

千葉県レッドリスト・C(要保護生物)

千葉市レッドリスト・B(重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ


Category: 昆虫類・トンボ目

12:21 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

クサガメ、水中でミミズを食べる

2011.10.08(Sat)

飼ったことのある方はご存知と思いますが、クサガメ は大体において水中でしか餌を食べられません。そこがイシガメと違うところです。


都川にかかる橋からふと川を覗くと、ちょうどクサガメが大きなミミズをくわえて水底を歩いているのが見えました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20111008 千葉市若葉区)


せっかくなので動画を撮ろうと思いましたが、カメラを構え直している間にミミズを呑み込んでしまい、間に合いませんでした。


クサガメの食性は幅広く、さまざまな水生小動物、そして水草なども摂取します。よく成長した大きなカメになると、ザリガニなども平気で噛み砕いて食べてしまいます。時には岸辺や水面にいる獲物を水中に引きずり込むこともあります。里山付近の水辺におけるクサガメは、実は生態系のピラミッドにおいてかなり上位の捕食者なのです。


※クサガメ

千葉県レッドリスト・情報不足

千葉市レッドリスト・C(要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ


Category: 爬虫類

18:06 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

ナガコガネグモ、カトリヤンマを捕食する

2011.10.07(Fri)

過去二年より少し遅めですが、今年もカトリヤンマの産卵行動が始まっています。

DAYLIGHT RAMBLER DAYLIGHT RAMBLER 
(20111007 千葉市若葉区)

水路の水の中ではなく、岸辺の泥の中に産卵管を差し込んで産卵します。この光景を見るとああ、秋だなあと思います。

しかし、みんなが無事に産卵できるとは限らないのです。ナガコガネグモの網に一頭、つかまっていました。地面に近い場所に網を張って待ち受けるナガコガネグモは、産卵行動のため地上近くに降りてくるカトリヤンマにとっては大敵です。

 

必死に羽ばたいてもがくカトリヤンマを、クモは糸でぐるぐると丸めてゆきます。体格でも力でもカトリヤンマは一歩も引けを取らないはずですが、このシチュエーションではボクサーが柔道家に寝技で抑えられているようなもので、もはやどうにもなりません。丸めるだけ丸めると、クモは脇にのいてしまいます。もっと弱ってから食べようというのでしょうか。

DAYLIGHT RAMBLER DAYLIGHT RAMBLER 
(20111007 千葉市若葉区)

昆虫の世界では、秋は、新たな命がこの世に送り出される季節です。そして同時に、そのために命がパスされていく季節でもあるのです。このナガコガネグモは雌です。ナガコガネグモの産卵シーズンは、8月から10月なのです。

※カトリヤンマ
千葉県レッドリスト・B(重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)
人気ブログランキングへ

Category: 昆虫類・トンボ目

23:20 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

クロゴキブリ

2011.10.04(Tue)

2年ほど前にある画廊で巨大なゴキブリに出会いました。たまたまそこに当ブログの読者の方がいらっしゃいまして、私が写真を撮り、「これ明日載せましょうか?」と言ったら、「ダメですよ!こんなの載せたらアクセス数が半分になりますよ!」と必死で止められたのを覚えています。その後、みんなでスリッパやボール紙など持って追いかけたのも覚えていますが、どうも結局逃げられたような記憶もあります。


正直なところを言いますと、あの時ブログに載せなかったのは、アクセス数の心配をしたからではなく、写真がブレていたからです。


当ブログは自然科学の真理を希求するブログであります。大衆に迎合するあまりその真理から目を背けることはないのであります。<何を言っているんだ


しかしながら、日ごろ家や仕事先、食堂等で彼らに遭遇しても、まずは古雑誌や新聞紙のような、丸めてひっぱたけそうなものを探す方に頭が行ってしまい、なかなか撮影するという方向にはなりません。そんなわけでたいへん時間はかかりましたが今夜、満を持していよいよ登場いたします。クロゴキブリさんです。ジャーン。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20111004 千葉市若葉区)


クロゴキブリは人家でもっとも普通に見られるゴキブリです。原産地は実ははっきりとはわかっておらず、中国大陸原産ともアフリカ原産とも言われ、日本には江戸時代に入ってきたようです。脱皮を繰り返して成虫になるまで一年半かかり、成虫になってからの寿命は半年ちょっとくらいだそうです。南方系のため寒さには比較的弱く、少し前までは「北海道には生息しない」とどの本にも書いてありましたが、現在ではばっちりと侵入しております。平べったい身体と、垂直面も自由自在な高性能の脚、餌のありかを的確に見つけ出す触角は、もともと暮らしていた熱帯雨林よりむしろ人間の近代的な住環境に適応していたのです。


そのように人類の身近なところで大繁栄する一方、ゴキブリはよく知られているように、非常に古い時代からその形態を保って生き続けており、3億年以上前の地層から、既に現在と大差ない形の化石が発見されています。この時代は昆虫や節足動物の巨大化が著しく、翼開長60cmの「メガネウラ」というトンボの親方みたいなのや全長2mのムカデなど、もう滅茶苦茶な連中が我が物顔にふるまっておりました。ゴキブリのご先祖様である「プロトファスマ」もやはり大きく、12cmほどあったといいますから、顔に向かって飛んできたら大恐怖だったことでしょう。もちろんこの時代、人間どころか哺乳類そのものがまだ出現していないのですが・・・



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ






Category: 昆虫類・ゴキブリ目

22:53 | Comment(6) | Trackback(-) | EDIT

ヤマアカガエル

2011.10.03(Mon)

今までに見たことがないくらい巨大なアカガエルに出会いました。背側線が目の後ろで外にカーブし、しかも不連続です。これはニホンアカガエル ではありません。ヤマアカガエルです。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20111001)


房総半島では、ほぼ全域にニホンアカガエルが生息する一方、ヤマアカガエルは南部の房総丘陵に分布しています。場所によっては、この両者が共存しています。ニホンアカガエルが中国の一部にも分布するのに対し、こちらは日本固有種です。身体のサイズの限界値はニホンアカガエルよりも大きく、最初に書いたように、この個体も小型のヒキガエルほどもありました。


※ヤマアカガエル

千葉県レッドリスト・C(要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ


Category: 両生類

12:02 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

キイロスズメバチ、ノシメトンボを解体する

2011.10.02(Sun)

秋の深まりとともに、スズメバチたちの活動も少しずつ活発化しています。肉食性の強いキイロスズメバチはこの時期、幼虫の餌として他の昆虫を積極的に狩ります。夕方の路上で、ノシメトンボを仕留めてバラしているところに遭遇しました。



バリバリ、ボリボリと音を立てながら強靭な大顎で翅を外し、頭を噛み切り、胸部と腹部を分離し・・・哀れ、トンボは文字通りバラバラです。もっと撮影したかったのですが、カメラに気づいて威嚇をかましてきたので退散しました。このひとたち相手に退き時を間違えると怖いですからねえ。


(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)
人気ブログランキングへ

Category: 昆虫類・ハチ目

22:02 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

コシボソヤンマのヤゴ

2011.10.01(Sat)

水路に堆積した落ち葉の下から出てきた、このヤンマ系のヤゴ。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110927 袖ヶ浦市)


「ヤブヤンマ?でも違うかも」と思い、いつもお世話になっている日本蜻蛉学会のT先生に問い合わせたところ、眼の後ろの「後頭角」にあるトゲ状の突起、また体のサイドのギザギザの「側棘」など、いくつかの特徴から「コシボソヤンマ」であるとご教示を頂きました。普段私がうろうろしている千葉市内の里山では出会わないトンボであるため、恥ずかしながら成虫もヤゴも、実物をちゃんと見たことがなかったのです。人生、ほんとに毎日が勉強です。


成虫は「腰細」の名の通り、カトリヤンマなどよりもさらに腹部第3節のくびれた、日本固有種の美しいトンボです。来年の夏、その姿を紹介できればと思っています。


※コシボソヤンマ

千葉県レッドリスト・D(一般保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ


Category: 昆虫類・トンボ目

21:28 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

プロフィール

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1035位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
106位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑