トウキョウダルマガエルの様々な模様

2014.09.30(Tue)

トウキョウダルマガエルというと、「トノサマガエルみたいので関東とかにいるやつ。田んぼにいる緑っぽい、なんか斑紋のあるカエル」などといったイメージはわりと多くの人の中にあることでしょう。しかし、実のところ「では具体的にはどんな色と模様をしているんだ」と問われると、これがなかなか厄介な問題です。

比較的にメジャーなイメージは、こういう感じではないでしょうか。

201409301.jpg
(20140930 佐倉市)

鼻先からお尻までを縦に貫く、黄緑色の「背中線」。体色は茶色地に、もっと濃い色の斑紋がたくさん。後脚は意外と短く、まさに達磨さん体型です。

しかし斑紋は必ずしも、上の写真のような丸いのがたくさんあるとは限らず、また背中線と口元などの緑色の色合いも千差万別です。

20140929.jpg 201409303.jpg
(左20140929 右20140930 いずれも佐倉市)

で、この背中線ですが、緑でなくクリーム色の個体も多く、また体のどこにも緑色が出ていないのも多いわけです。

20140930.jpg
(20140930 佐倉市)

さらに背中線の太さ自体、個体によりまちまちで、背中線そのものがないやつだってけっこういるのです。

201409302.jpg
(20140930 佐倉市)

トウキョウダルマガエルは、アマガエルみたく周囲に合わせてホイホイ自分の色を変えてしまうことはできませんから、これらは基本的に「地の色」なのですが、とにかく一つ言えるのは、田んぼとその周辺の草むらでは実に見事な保護色だということです。暗い畦道の草の陰でじっとしていると、なかなか見つけるのは困難です。こちらに気づくと、草むらに逃げ込むこともありますが、水に飛び込む割合の方がずっと高いです。「古池や 蛙飛び込む 水の音」という芭蕉のアレも、句を詠んだ場所が深川だったとするなら、トウキョウダルマガエルだった可能性は大きいでしょう。一生を水辺で送るカエルです。

残念ながら、こうしていろんな体色パターンを見比べることができるほどに多数が生息している田んぼは、近年どんどん減っています。田んぼの「中干し」はオタマジャクシの生存を困難にし、短い脚による限定的なジャンプ力は、U字溝などに落ちるとなかなか這い上がれないという結果をもたらします。「蛙飛び込む水の音」が聴こえる水辺が消えるということは、精神の中に、あるいは直接の描写として、その風景を内包した人の営みが生まれる機会がこの国から消えるということを意味しています。生物多様性を守ることは、人間の文化の可能性を守ることでもあると私は思うのです。

※トウキョウダルマガエル
環境省RDB・NT(準絶滅危惧)
千葉県RDB・B(重要保護生物)
千葉市RDB・A(最重要保護生物)


▽トウキョウダルマガエルに関する過去の記事

トウキョウダルマガエルの鳴嚢 2013.6.7

田んぼで鳴くトウキョウダルマガエル 2013.5.30

三面張り水路のトウキョウダルマガエル 2011.7.29

千葉市の両生類 2010.1.24

トウキョウダルマガエルのオタマジャクシ 2009.8.1

トウキョウダルマガエル 2009.6.19

Amazon Kindleストアにて発売中です。
愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る



スポンサーサイト

Category: 両生類

21:47 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

クルマバッタ

2014.09.19(Fri)

よくトノサマバッタと間違えられる大型のバッタ、クルマバッタ。背中がぐっと盛り上がっていること、飛んだ時に翅に黄色い円形の斑紋とそれを取り巻くように黒い帯が見え、車輪のように見えることで区別ができます。この「車輪」が、クルマバッタの名の由来です。

20140919.jpg
(20140917 袖ヶ浦市)

草原環境を好むバッタですが、平地よりもむしろ丘陵地に生き残っているという印象です。千葉県、千葉市ともレッドデータブックへの記載こそありませんが、近年ずいぶん減少していることは確かで、出会える場所も年々少なくなってきました。特に北総地域ではレアな存在になりつつあるようです。

Amazon Kindleストアにて発売中です。
愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る

Category: 昆虫類・バッタ目

21:30 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

コナギ

2014.09.18(Thu)

農薬を用いない田んぼの、代表的な雑草と言えばこのコナギ。旺盛な繁殖力ですぐに圃場を埋め尽くす憎たらしいやつですが、花は大変可憐で、リンドウくらい綺麗です。

20140918.jpg 201409181.jpg
(20140917 袖ヶ浦市)

ちょうど稲刈りの時期に咲くこの花は一日花で、朝咲くと夕方にはしぼんでしまいます。コナギは稲作とともに東南アジアからやってきたと考えられている、非常に古い時代の帰化植物です。万葉集にもこの花のことを詠んだ歌が収録されています。その昔は食用として栽培されたりもしていたようです。原産の東南アジアでは今も食べられているようですから、近いうちに日本の農村でも、有機農業とのセットでコナギ料理を売り出して積極的に村おこしをするところが出てくるかもわかりません。

Amazon Kindleストアにて発売中です。
愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る

Category: 水生植物

21:28 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

スズメの砂浴び

2014.09.17(Wed)

やわらかい砂の上に、アリジゴクの大きいののようなくぼみがいくつかできていて、その中にこうしてスズメがはまり込んでいるというような光景をご覧になったことはないでしょうか。

20140917.jpg
(20140915 東京都台東区)

これは卵をあたためているわけではなく、無論でかいアリジゴクにつかまっているわけでもありません。ここはスズメの「砂浴び」場なのです。動画でご覧ください。



体の下面を砂にこすりつけ、羽をばたばたさせてお風呂の中の子供みたいに気持ち良さそうです。その目的は体についている寄生虫やらダニのたぐいを落としたり体を綺麗にすること等ですから、実際にお風呂に入っているようなものです。スズメはこの砂浴びと水浴びの両方を行います。

▽スズメに関する過去の記事

スズメの水浴び 2010.9.14

スズメ 2009.12.28

Amazon Kindleストアにて発売中です。
愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る

Category: 鳥類

21:33 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

ナマズ

2014.09.16(Tue)

上野は不忍池をのぞいておりましたところ、観光客の人たちが投げ込むパン屑などに群がるコイに混じって、なんか変なのが浮かび上がってきました。

20140916.jpg
(20140915 東京都台東区)

おお、ナマズです。

201409161.jpg
(20140915 東京都台東区)

真上から見るとオタマジャクシを拡大してひげを生やしたようなスタイルですね。この個体は体長40cmほどでしょうか。最大のものは例外的に1mに達することもあるようで、一昨年、岐阜県で巨大なのが見つかったというニュースが新聞やネットをにぎわしました。ちなみに琵琶湖とその流出水系にだけ生息するビワコオオナマズはさらに巨大で1.2mを越えるものもいるらしく、また世界は広いものでヨーロッパオオナマズには3mという記録もあり、伝説に近いレベルだと5mなどという途方もないやつが昔いたという話もあります。

それはともかく、ナマズはたいへん有名な淡水魚であるにもかかわらず、自然状態でその姿を見たことのある方はわりあいに少ないのではないでしょうか。ふだんは川の中・下流域や池沼の底の方にひそんでおり、夜になると出かけていって餌をあさるという暮らしをしています。大食漢で、カエルや魚、エビやカニなどの甲殻類等を積極的に捕食するのですが、こうした公園の池などに住んでいるやつは昼間から出てきてパンをもらったりもするというわけです。

201409162.jpg 201409163.jpg
(20140915 東京都台東区)

よく見るとじつにかわいい顔をしています。丸い小さな目と目が左右にうんと離れているところなんざ、たまらないものがあります。

初夏から梅雨に繁殖シーズンを迎えるナマズは、かつて川から水路や田んぼに上がっていき、そこで産卵をするという形で、この国の稲作農業と深く関わって生息していました。しかし、乾田化、圃場整備により川と田んぼが行き来できなくなった現在、彼らの個体数は各地で減少傾向にあります。この点では、メダカやフナ、トウキョウダルマガエルなどの減少とその根底を一にしています。「サケが遡上する川を!」「ホタルが帰ってくる水辺を!」などといったキャッチフレーズはあちこちで実にしばしば叫ばれますが、「ナマズが上がってくる田んぼを!」という声はあんまりたくさん聞こえてきません。前述のように捕食者として、昔ながらの米作りを取りまく生態系ピラミッドの頂点付近に位置するナマズが生きられる環境を保全することを目指すことは、それに付随して実にたくさんの動植物と人の営みの文化に同時に関わることとなり、多様性の復活を顕著にもたらす可能性があると私は思うのですが。

※ナマズ
千葉県RDB・B(重要保護生物)
千葉市RDB・B(重要保護生物)


Amazon Kindleストアにて発売中です。
愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る

Category: 魚類

22:16 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

サシバの若鳥

2014.09.13(Sat)

稲刈りの進む田んぼを見下ろすスギの木の上に、サシバの若鳥がとまっていました。

20140913.jpg 201409131.jpg
(20140912 千葉市若葉区)

おなかが横縞の成鳥に対し、若鳥には縦の模様が入っています。顔つきにも幼さが残っていますが、それでもだいぶ凛々しくなってきました。

夏の里山の猛禽・サシバと出会える季節も、もうじき終わりです。春に渡ってきて、谷津田周辺の雑木林で繁殖したサシバたちは、このように巣立って成長した若鳥ともども、秋にまた南へと渡ってゆきます。来年の夏、また会えますように。

※サシバ
環境省RDB・VU(絶滅危惧Ⅱ類)
千葉県RDB・A(最重要保護生物)
千葉市RDB・B(重要保護生物)


▽サシバに関する過去の記事

サシバ 2012.4.18

Amazon Kindleストアにて発売中です。
愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る

Category: 鳥類

21:44 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

オオカマキリの威嚇

2014.09.12(Fri)

農道の路上で出会ったオオカマキリ。私が通りかかる前に何があったのか知りませんが、めちゃくちゃ腹を立てていました。

20140912.jpg 201409121.jpg
(20140912 千葉市若葉区)

ぐっと背中を反らせて胸を張り、折り曲げた鎌を胸の前で構え、翅を船の帆のように拡げて大きくみせる、威嚇のポーズです。後翅が紫色なのがオオカマキリの特徴です。昔の中国の達人はカマキリの戦いを見て「蟷螂拳」というものを編み出しましたが、この威嚇のポーズからも、脇をしっかりと締め、腿の関節を内側に締めた立ち方などに武術っぽさが感じられます。

ついでに後ろに回ってパチリ。

201409122.jpg
(20140912 千葉市若葉区)

背後から見るとなんだかちょっとカワイイですね。

▽オオカマキリに関する過去の記事

オオカマキリの共食い 2010.10.11

オオカマキリ、ナガサキアゲハを捕食する 2010.9.28

オオカマキリの卵鞘 2009.11.13

オオカマキリ、アキアカネを捕食する 2009.10.29

オオカマキリの卵鞘 2008.11.10

オオカマキリの産卵 2008.11.4

オオカマキリ 2008.8.28

Amazon Kindleストアにて発売中です。
愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る

Category: 昆虫類・カマキリ目

21:51 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

9月のカブトムシ

2014.09.11(Thu)

「夏休みに出会う虫」というキーワードを提示すれば、かなりのパーセンテージの人が半ば自動的に頭に思い浮かべるであろうカブトムシ。しかし気温が低くなり、秋が深まるにつれ、その姿は里山から消えていきます。

午後6時。クヌギの木にぽつんと1頭、見つけました。

20140911.jpg
(20140911 千葉市若葉区)

カブトムシというのはプロがやっても成虫で冬越しさせるのは無理で、飼育下では相当条件が良くても12月まで生かすのが限度、自然環境下では10月にはほぼ完全に姿が見えなくなります。お盆明けくらいから産卵が始まるので、カブトムシという生き物の、個体としての寿命はちょうど1年が基本ということになります。夏の終わりに命を受け、幼虫として地下で冬を越し、梅雨の季節に蛹となり、暑い夏に羽化し、夏の終わりとともに死んでゆくのです。つまりカブトムシが地上で暮らすのは、実はほんの1ヶ月か2ヶ月ほどにしか過ぎないのです。

▽カブトムシに関する過去の記事

カブトムシ(♂) 2009.8.20

カブトムシ(♀) 2008.8.28

***

今までこのブログでアップした生き物動画がたくさんになってきたので、別途、生き物動画をアーカイヴするブログを作成しました。随時更新していきます。こちらからどうぞ。

DAYLIGHT RAMBLER生き物動画集

---

Amazon Kindleストアにて発売中です。
愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る

Category: 昆虫類・甲虫目

22:31 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

漁港のトビ

2014.09.07(Sun)

トビは田園地帯や川沿いなどにもいるけれど、房総半島で簡単にその姿を見たいと思ったら、南房総の海岸に行くのが手っ取り早いでしょう。ある程度以上南へ行って漁港のあるところで空を見上げれば、だいたい視界の範囲内で空を飛んでいます。しかし一方、とまっている時の姿は、これでもさすが猛禽だけあってなかなか堂々としたものです。

20140907.jpg 201409071.jpg
(20140904 富津市)

漁港らへんにトビが集まるのは、もちろん餌が多いからです。トビはかなり範囲の広い食生活を送っており、動物の死骸を掃除することもあればゴミもあさり、また猛禽らしく小動物を捕食することもしますし、魚をとったりもします。観光地で人に馴れ、とりわけ誰かが餌付けしたりするような環境では、人間の食べ物をさらって問題になるケースもあります。昔から「トンビに油揚げをさらわれる」ということわざがあるのはまんざら裏付けのないことでもないのです。出先でゴミを捨てたり野生の生き物に餌をやったりするのはなるべくつつしみましょう。

※トビ
千葉県RDB・D(一般保護生物)
千葉市RDB・B(重要保護生物)


▽トビに関する過去の記事

トビ 2010.1.5

Amazon Kindleストアにて発売中です。
愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る



Category: 鳥類

21:51 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

ヒナカマキリ

2014.09.05(Fri)

ヒナカマキリは日本最小のカマキリです。体長は1.5cmほどしかありませんから、オオカマキリなどと比べるとほとんど10分の1のボリュームです。

20140905.jpg
(20140904 富津市)

とは言え小さくてもちゃんとカマキリの形をしています。台湾産の雄には翅があるものがいるということですが、日本国内に生息しているのは雌雄ともこのようにごくかすかな翅しかない「微翅型」というものです。

広葉樹林の林床などで暮らし、もちろん肉食です。房総半島では南部の丘陵地帯での分布が知られています。

※ヒナカマキリ
千葉県RDB・D(一般保護生物)


Amazon Kindleストアにて発売中です。
愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る

Category: 昆虫類・カマキリ目

21:13 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

ミヤマウズラ

2014.09.04(Thu)

湿った斜面林の林床で、ミヤマウズラが咲いているのに出会いました。

20140904.jpg
(20140904 富津市)

茎の高さは15cmほど。小鳥が飛んでいるような形の花は大変に可憐です。しかし、「深山鶉」の名の由来は花ではなく、この葉のほうにあります。

201409041.jpg
(20140904 富津市)

この、白っぽい模様の入った暗緑色の葉が、鶉の翅の模様に似ているのだということで、このような名前がついているというわけです。

野生ランのご多分に漏れず、その生育環境を危機に陥れている大きな原因は、鑑賞目的での採掘です。何度もここで書いておりますが、こうした野生ランは菌と共生しており、持って帰って庭に植えても増やせません。掘らないでください。そして、掘られたものは買わないでください。

※ミヤマウズラ
千葉県RDB・D(一般保護生物)
千葉市RDB・A(最重要保護生物)


愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る

Category: 山野草

23:27 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

クサヒバリ

2014.09.03(Wed)

「草雲雀」という名前がついている通り、雄は「フィリリリリリリリリリリ・・・」というような、周波数の高いなかなかいい声で鳴きます。これがその雄です。体長は7、8mmほど。雌とは翅のかっこうがだいぶ違います。

20140903.jpg 201409031.jpg
(20140903 千葉市若葉区)

小型のコオロギの仲間で、わりと背の高い草の葉の上や、あまり高くない木の上などで姿を見ることができます。昼間からけっこう鳴くので、それをたどっていくと見つけられることがあります。近寄ってもどこにいるかわからない時は、葉っぱの裏を確認してみましょう。わりと敏感な虫なので、そーっと近づかないとなかなかご対面は難しいです。

愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る


Category: 昆虫類・バッタ目

20:45 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

クロヤマアリ、ウシアブを巣に運ぶ

2014.09.02(Tue)

アリって実のところかなり生態系ピラミッドの上位にいる生き物です。小さいけれど社会性があり、一匹一匹も強力な顎や蟻酸で武装しています。

ウシアブを捕えて巣に運んでいるところに出っくわしました。



ウシアブは生きており、撮影を始める直前まで羽ばたいたりしていましたが、尻をかまれているのが効いているのか蟻酸のためなのか、見る見るうちに動けなくなり、次第に数を増すアリにずるずると引きずられていきます。すぐ近くにミミズの死骸がありました。そこで襲われたのかもしれません。

クロヤマアリというのは大変に力が強く、体重の5倍のものを持ち上げることができるそうです。私など60キロですから、自分に引き比べると300キロのものを持ち上げねばなりません。とんでもない話です。145キロのスタン・ハンセンですら、250キロのアンドレ・ザ・ジャイアントをボディースラムで投げるのがやっとなわけで、人間と野生の生き物の間には越えがたい身体能力の溝が横たわっています。

愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る

Category: 昆虫類・ハチ目

19:31 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

ミミズクの幼虫

2014.09.01(Mon)

雑木林の葉の上などに、このようなものがくっついているのを見かけることがあります。

20140901.jpg 201409011.jpg
(20140831 千葉市若葉区)

大きさは1cmほど。平べったい姿に判然としないカラーリング。生き物であるらしいことはわかるものの、どんな生き物か一発でわかる人は、ちょっと生き物の世界的にカタギではない人でしょう。実はこれ、ミミズクの幼虫なのです。

「ミミズクって鳥でしょ、幼虫とは何ぞや」と思う人はカタギの人で、「ああ、カメムシの仲間のヨコバイ科のやつね」とすらすら素性が出てくる人がカタギじゃない人です。これの成虫には角状の突起があり、それが耳のように見えるため「ミミズク」という名前がついているのです。

クヌギやミズナラなどの汁を吸う、雑木林の虫です。千葉県・市ともにレッドデータブックへの記載こそないものの、個体数はそれほど多くなく、出会うとちょっぴりお得感があります。

愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る

Category: 昆虫類・カメムシ目

21:10 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
795位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
83位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑