越冬するモリチャバネゴキブリ幼虫

2014.12.22(Mon)

寒くなってきて、なかなか野外で虫に出会うのが難しい季節になりました。しかしだからと言って、地上の虫が全部死に絶えてしまうなどということは当然ありません。そんなことになったら、次の春が来たって何も出ては来なくなってしまいます。

道端のコンクリートブロックをひょいと引っくり返してみますと、体長数mmの、このような三葉虫みたいな変なのがたくさんいました。

20141222.jpg
(20141222 千葉市若葉区)

森林性のゴキブリ、モリチャバネゴキブリの幼虫です。ゴキブリといっても家の中にいるあの嫌われ者のやつとは違い、雑木林の林床などで、有機物を分解して暮らしているひとたちです。羽化して成虫となっても体長は1.2cmくらいしかなく、小柄です。

よく家の中でゴキブリホイホイに引っかかっているクロゴキブリ、チャバネゴキブリ、ワモンゴキブリなどのたぐいは、あれは実はみんな外来種で、南方のどこかからやってきたものなのですが、このモリチャバネゴキブリは昔から日本にいる在来種。家屋に入ることもなく、日本中の里山で大量に、しかしあまり人目にはつかずに静かに暮らしています。

▽モリチャバネゴキブリに関する過去の記事

モリチャバネゴキブリの幼虫 2011.1.16

卵鞘をつけたモリチャバネゴキブリ 2010.7.24


***


12月19日、マイナビよりAmazon Kindleストアにて、拙著「愛すべき里山の生き物たち 第3集 ~里山のハンターたち編~」が発売となりました!

「愛すべき里山の生き物たち」は、里山の生き物たちの魅力を、ふつうの図鑑や解説書とは違った切り口で伝える電子書籍のシリーズです。第1集「名前の由来編」は8月20日より、第2集「弱者の生存戦略編」は10月30日より好評発売中です。

今回の第3集では、里山を舞台に他の生き物を襲って生活する捕食動物を12種類取り上げ、その精妙で苛烈な戦闘能力と狩りの世界に迫ります。第1集、第2集に比べ写真も大幅に増量してお届けいたします。どうぞお楽しみください!定価250円です。

愛すべき里山の生き物たち 第3集 ~里山のハンターたち編~愛すべき里山の生き物たち 第3集 ~里山のハンターたち編~
(2014/12/19)
大島 健夫

商品詳細を見る


第1集、第2集もあわせてどうぞ。
愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~
(2014/10/30)
大島 健夫

商品詳細を見る


愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る


Amazon Kindle書籍の買い方、読み方につきましてはこちらをご参照ください。
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・ゴキブリ目

13:39 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

ワルナスビの実

2014.12.15(Mon)

道端で、ワルナスビが黄色い実をつけているのを見つけました。

20141213.jpg 201412131.jpg
(20141213 千葉市中央区)

直径は1cmほど。こうして見るとなかなかにかわいらしく、ちょいとつまんで口に入れてみたくなる人がいてもおかしくないような気もしますが、間違ってもそんなことをしてはなりません。ワルナスビは「全草有毒」つまり隅から隅まで全部毒で、とりわけこの果実には強い毒性があります。どうしても下痢や嘔吐で苦しくなりたいときの他は食べないようにしましょう。そもそも、実はナス科の植物ってだいたい毒を持っているものなのです。

明治時代に北米から持ち込まれたワルナスビは、今では日本全国にはびこり、都市と田園とを問わずどこででも見ることができます。ここでも、やがて夏になればあのナスに似た花が咲くことでしょう。

▽ワルナスビに関する過去の記事

ワルナスビ 2011.8.4

愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~
(2014/10/30)
大島 健夫

商品詳細を見る


愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る

Category: 山野草

22:17 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

アメリカザリガニの死骸に集まるマメゲンゴロウ

2014.12.12(Fri)

茶色と黒のツートーンがなかなか渋いマメゲンゴロウ。水の中の小さな生き物を襲って食べるいっぽう、何か死骸のようなものが水中にあればすかさず集まってきます。

20141212.jpg 201412121.jpg
(20141212 袖ヶ浦市)

くらいついているのはザリガニの死骸。ザリガニの目玉と比べて、なんとまあ体のサイズが違うことでしょう。マメゲンゴロウは成虫で越冬するので、こんな季節でも餌があればどこかから出てきます。流水よりも浅い止水を好むので、この写真を撮影したような谷津田の池などは、その生息にたいへん好適です。それにしても漢字で「豆源五郎」と書いてみると、なんだか職人肌の頑固親父のような感じがしてきますね。

▽マメゲンゴロウに関する過去の記事

マメゲンゴロウ 2013.11.14

愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~
(2014/10/30)
大島 健夫

商品詳細を見る


愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る

Category: 昆虫類・甲虫目

22:26 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

電柱のチョウゲンボウ

2014.12.03(Wed)

このチョウゲンボウ、毎年11月の後半になるとうちの近所の川のそばにやってきて、冬の間、だいたい同じ電柱で姿を見ることができるやつです。

IMG_12681.jpg IMG_12701.jpg
(20141202 千葉市若葉区)

電柱のてっぺんからあたりを睥睨し、時折、耕地に急降下しては何か虫のようなものをつかまえ、また電柱の上に舞い上がっては食べたりなどしています。飛び降りる時の羽のかっこうなど見ると、さすがハヤブサの仲間だという感じがします。ずいぶん気が強いようで、この写真を撮る前の日に見た時には、体のサイズが1.5倍くらい違うノスリと電柱のとりあいをしていました。

そのハヤブサの仲間と言えば、以前はタカ目に分類されていましたが、近年の研究で独立のハヤブサ目となり、スズメ目やオウム目に近縁であるとされるようになりました。こうしてとまっているところを横から見ますと、なるほどプロポーションがそれらに属する鳥に似ているようにも思えますね。

※チョウゲンボウ
千葉県RDB・D(一般保護生物)


▽チョウゲンボウに関する過去の記事

チョウゲンボウ 2013.11.19

Amazon Kindleストアにて発売中です。
愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~
(2014/10/30)
大島 健夫

商品詳細を見る


愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る


Category: 鳥類

21:30 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

プロフィール

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
461位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
43位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑