カミツキガメ

2015.05.30(Sat)

谷津の奥のため池のほとりでトウキョウダルマガエルの写真を撮っていたら、視界の隅に何やら、かなり大きな生き物がじっとしている時特有の違和感が。

20150530.jpg
(20150527 佐倉市)

・・・向こう側の岸にいたのは、カミツキガメでした。

この池は樹木に囲まれて薄暗く、このカメがいるあたりだけに日光が当たっています。カミツキガメは夜行性で、クサガメやアカミミガメほど大っぴらな日光浴はしませんけれど、やはり時々は日光浴をするのです。そーっと近づこうとしたら気づかれ、カメが潜ってしまったので、その場にじーっとしゃがんで再び出てくるのを待ちます。

30分後、水面に顔を出しました。

201505301.jpg
(20150527 佐倉市)

さらに10分後、また最初と同じところに這い上がってきました。

201505302.jpg
(20150527 佐倉市)

甲長は20cmほど。まだ若い個体のようです。最大では甲長50cmほどにまで成長しますが、40cmを越えている個体は多くありません。

首をもたげると、案外かわいい顔をしています。

201505303.jpg
(20150527 佐倉市)

カミツキガメというと、なんとなく南国のカメというイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には北米大陸に広く分布しており、低温にも強い耐性を持っています。今年の春には新潟でも冬眠中らしき個体が見つかり、問題になりました。千葉県では既に印旛沼水系で定着・繁殖が確認されています。カミツキガメは一回の産卵数が通常20から30個、稀に100個を越えるという多さで、かつカメであるからして寿命が長く、50年生きるとも80年生きるとも言われています(ただし、性成熟には亜種により数年~十数年がかかります)。従って、天敵のいない環境下では、極めて強い繁殖力を発揮します

201505304.jpg
(20150527 佐倉市)

動画にも撮影しました。カメの日光浴は動きが少なく、静止画とあんまり変わらないのはご容赦。



日本にいるカミツキガメは、当然のことながら、もともと生息していたものではなく、60年代以降、ペットとして飼われていたものが遺棄され、それが野外で繁殖したものです(現在ではカミツキガメは特定外来生物に指定されており、許可なく飼育・移動などを行うことはできません)。その噛む力の強さなどからくる危険がクローズアップされることが多く、また漁網を破るなどの被害も出ているカミツキガメですが、在来生態系に対する脅威がもっとも問題視されるべきでしょう。カミツキガメは口に入るものは何でも食べる肉食寄りの雑食です。例えばこの池には、トウキョウダルマガエルを始めとする稀少な両生類、各種の淡水魚や甲殻類が生息しています。そこへ、先ほど述べたような繁殖力と寿命を持ち、天敵のいない生き物を放てばどうなるか、という話です。

201505305.jpg
(20150527 佐倉市)

私は、カミツキガメそのものには何の悪意も持っていません。悪いのは100パーセント、人間です。カミツキガメと並んで印旛沼水系で定着しているワニガメなど、原産国では地域によって絶滅の危機にされされています。それを「愛玩目的」で世界中に流通させ、飼いきれないから捨てるという行為が行われ、その結果として在来生態系に甚大な影響を与えているという、世の中にこれほど愚かしい話があるでしょうか。そもそも、カメは「愛玩目的」で気安く飼うことのできる生き物ではありません。飼い主が先に死ぬ場合が多くあるからです。最後まで面倒を見きれないものを飼うことは、やはりやってはいけないことです。

千葉県では、「千葉県におけるカミツキガメ防除実施計画」に基づき、

平成19年度はワナによる捕獲で247頭、緊急収容(市町村・警察等)75頭の計322頭、
平成20年度はワナによる捕獲で157頭、緊急収容(市町村・警察等)95頭の計252頭
平成21年度はワナによる捕獲で216頭、緊急収容(市町村・警察等)80頭の計296頭
平成22年度はワナによる捕獲で192頭、緊急収容(市町村・警察等)128頭の計320頭
平成23年度はワナによる捕獲で414頭、緊急収容(市町村・警察等)172頭の計586頭
平成24年度はワナによる捕獲で274頭、緊急収容(市町村・警察等)115頭の計389頭
平成25年度はワナによる捕獲で550頭、緊急収容(市町村・警察等)85頭の計635頭

(データは千葉県生物多様性センターのwebサイトより引用)

のカメを防除しています。それだけの人手とエネルギーをかけても、べつに誰にも何の得にもならないことは言うまでもありません。そういうことに従事する人々は、自治体の職員であり、警察官であり、市民ボランティアであったりします。彼らはその時間とエネルギーを、他のもっと生産的なことに使うこともできるのです。まるっきり利権にも儲けにもならないのです。

しかし、そこまでしても、カミツキガメはやはり、日本の野外環境下にいてはならない生き物なのです。「原産国ではない土地の自然環境下に人為的に持ち込まれ、その土地の在来生態系に被害を与えているから」です。それは情緒で語ることのできる問題ではなく、問題視されている他の外来生物も同じです。アメリカザリガニが、ウシガエルが、アライグマが、ミシシッピアカミミガメが、どれだけの在来種を地域的絶滅に追い込んできたことでしょう。毎日のようにあちこちの里山をうろうろしている私のような人間には、そのことが肌で感じるようにわかります。しかし、それらの外来生物たちを、「悪い生き物」として片づけるだけでは何も変わりません。それは、戦争に際して一人一人の兵士を悪者扱いするのと同じことです。本当に悪いのは、先にも書いたように、それらを野外にばらまくシステムを作ってしまった、そして野外にばらまくことを止めることができない人間そのものなのです。

※カミツキガメ
特定外来生物


スポンサーサイト

Category: 爬虫類

12:43 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

ルリシジミ

2015.05.29(Fri)

どういうわけか、このブログで今まで一度もルリシジミを取り上げておりませんでしたね。思いっきり普通種なのですけれども。

春から秋まで、広い範囲で見られるシジミチョウです。幼虫はマメ科やバラ科など、様々な植物から発生します。

20150529.jpg
(20150527 佐倉市)

大きさと形が似ているヤマトシジミに比べると翅の裏が白っぽく見え(模様もかなり違うので、気になった方はネット検索してみましょう)、質感もやや異なっています。この写真の個体は雄で、雌では翅の表側の外縁部に黒い部分がより強くあります。その翅の表側の鮮やかなブルーが、「瑠璃」シジミの名の由来です。

Category: 昆虫類・チョウ目

23:14 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

毛虫を食べるシジュウカラ

2015.05.28(Thu)

昨日の記事のカメを撮影しておりましたら、背後からシジュウカラの声が。振り返ってみると、真後ろの枝に、太った毛虫をくわえたのが一羽。

20150528.jpg
(20150526 千葉市若葉区)

太くてはっきりした「ネクタイ」があるので雄ですね。

シジュウカラはいろんなものを食べる雑食の鳥ですが、こうして幼虫を食べたり、巣に持って帰って雛に与えたりしているところは非常にしばしば目にします。実際、シジュウカラの雛の餌の約70パーセントを鱗翅目の幼虫が占めているという研究もあります。これは逆の立場からすると、森林害虫としての扱いを受けるこれらの幼虫が、こうした小鳥が健全に生息している環境では大発生しにくいということをも意味しているのです。

▽シジュウカラに関する過去の記事
シジュウカラの食事 2009.12.24
シジュウカラ 2009.6.14

Category: 鳥類

22:39 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

泥をかき分けて進むクサガメ

2015.05.27(Wed)

谷津の奥の浅い池で、何やら泥のカタマリのようなものを見つけました。

20150527.jpg
(20150526 千葉市若葉区)

よく見ると頭が出ています。おお、クサガメだわいと思っていると、のそのそと動き始めました。クサガメは水底の泥にもぐって隠れたりしますから、この個体もどこかから這い出してきたのでしょう。甲羅の上にもたっぷりと泥が積もっています。



その動きはのろいようにも速いようにも見えますが、下がぐちゃぐちゃの泥だということは忘れてはなりません。こんな泥の中を一定速でぐいぐい進めるのですから、実に強靭な体をしているというべきでしょう。時折立ち止まり、首をいっぱいに伸ばして周囲を見渡しては、また歩いていきます。こうした泥田の上に、よくカメの足跡が縦横無尽に残されていることがあります。クサガメは水陸を含む広い範囲を積極的に移動する生き物なのです。まっすぐに谷津を下っていったこのカメは一体、一心不乱にどこへ向かっていたのでしょうか。

※クサガメ
千葉県レッドリスト・情報不足
千葉市レッドリスト・C(要保護生物)


▽クサガメに関する過去の記事
道路を横断するクサガメ幼体 2012.5.16クサガメ、水中でミミズを食べる 2011.10.8
水中のクサガメ 2011.9.27
這いのぼるクサガメ 2011.6.4
クサガメの幼体 2011.5.22
三面張り水路に生きるクサガメ 2011.4.21
真冬のクサガメ 2011.1.18
谷津田の水路のクサガメ 2010.10.18
クサガメ、水底の泥にもぐる 2010.7.23
鹿島川沿いの田んぼのクサガメ 2010.5.30
クサガメ@綿打池 2010.3.7
カメの日米交流 2010.2.14
クサガメの木登り 2009.8.14
クサガメ@泉自然公園 2009.7.9
クサガメ@都川 2009.5.5

Category: 爬虫類

23:12 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

タテジマイソギンチャクが開くと・・・

2015.05.26(Tue)

ありふれたタテジマイソギンチャクといえども、ブロックの裏などにびっしりくっついているのが引き潮の時に空気にさらされて全部閉じていると、なんだか異世界のような観を呈しています。

20150522.jpg
(20150521 千葉市美浜区)

イソギンチャク基本ルール、潮が満ちてきて水に浸かれば触手が開きます。半分ほど開くとこうで、

201505221.jpg
(20150521 千葉市美浜区)

全開になるとこう。

201505222.jpg
(20150521 千葉市美浜区)

こうして、波に打ち寄せられてくる、捕えられそうな小動物や、有機物のかけらを待ち構えるわけです。やっぱり、イソギンチャクは開いている時の方が絵になりますね。

▽タテジマイソギンチャクに関する過去の記事
タテジマイソギンチャク 2015.2.10

Category: 刺胞動物

22:49 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

キアシシギ

2015.05.21(Thu)

先日紹介したキョウジョシギと同様、このキアシシギも、北の国で繁殖して南の国で越冬し、その途中に日本に立ち寄る「旅鳥」です。

20150521.jpg
(20150521 千葉市美浜区)

体の大きさはムクドリくらい。名前の通りに足が黄色い、スマートな姿をしたシギです。防波堤でしきりに何かをつついていました。歩き回りながらこの細長い嘴を隙間に突っ込んで、甲殻類などを採食するのです。千葉県では飛来数が減少しており、県のレッドデータブックでは「C(要保護生物)」、千葉市のレッドデータブックには「B(重要保護生物)」として記載されています。

※キアシシギ
千葉県RDB・C(要保護生物)
千葉市RDB・B(重要保護生物)


Category: 鳥類

23:00 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

シマゲンゴロウの幼虫、オタマジャクシを捕食する

2015.05.17(Sun)

谷津田にもすっかり水が入り、青い稲が美しい季節になりました。稲の茎などを目を凝らしてよーく見ると、あちこちにこういうのがたたずんでいました。

20150517.jpg
(20150514 袖ヶ浦市)

シマゲンゴロウの幼虫です。以前にも紹介した通り、このひとは恐ろしい水中の殺し屋です。しばらく水の中をのぞいていると、やおらオタマジャクシを捕えました。

201505171.jpg
(20150517 袖ヶ浦市)

こうしたゲンゴロウの幼虫は、噛みつくと獲物の体内に消化液を注入し、組織を溶かして食べてしまうという、いわゆる「体外消化」を行います。この、幼虫の体よりも大きなオタマジャクシは噛まれてからわずか2、3秒で動かなくなってしまいました。

動画で撮り始めたのは、動かなくなった直後でした。



この消化液はそうとう強力で、人間が指など噛まれると非常に痛い上に治りが悪く、最悪の場合、蜂窩織炎を引き起こす場合もあるということです。取り扱いにはご注意を。

※シマゲンゴロウ
千葉県RDB・D(一般保護生物)
千葉市RDB・B(重要保護生物)


▽シマゲンゴロウに関する過去の記事
アメリカザリガニの死骸に集まるシマゲンゴロウetc. 2014.8.13
シマゲンゴロウの幼虫 2014.6.10
シマゲンゴロウ 2011.9.15





Category: 昆虫類・甲虫目

21:29 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

アダンソンハエトリ

2015.05.14(Thu)

若葉区から美浜区に引っ越して一ヶ月と少し。なにしろ若葉区に住んでいる時は、あたりがど田舎だったものですから、いろんな虫がしょっちゅう家の中に入ってきていましたし、ヤモリだのなんだのといろんなのが壁の隙間やら戸袋やらに勝手に同居していました。さてこっちではどんな生き物が現れるのかと思っておりましたら、この日まず現れたのがアダンソンハエトリ。

20150514.jpg
(20150513 千葉市美浜区)

世界中に分布するおなじみのハエトリグモです。とは言え実は若葉区の田園地帯ではあまり見かけることがなく、屋内にはミスジハエトリとかネコハエトリの方がずっと多かったので、なんとなく「都市型のクモに会った」という感じがします。今も私がこのブログを書いているデスクの上のほうの壁で、じーっと私を見下ろしています。とりあえず仲良くやっていきますです。

▽アダンソンハエトリに関する過去の記事
アダンソンハエトリ 2011.8.21

Category: 鋏角類

23:17 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

キョウジョシギ

2015.05.12(Tue)

キョウジョシギは北極圏周辺で繁殖し、赤道付近で越冬する鳥です。じゃあなんで日本にいるのかと申しますと、その旅の途中、初夏と秋に立ち寄る「旅鳥」なのです。ちなみに国内では、小笠原諸島や南西諸島で越冬する個体群もおります。

20150512.jpg 201505121.jpg
(20150510 千葉市美浜区)

そんなわけでちょうど今、うちの近所の海岸にも飛来しているというわけです。体の大きさはムクドリ並か、それよりもちょいと小さいくらい。「京女」シギという名前の通りのあでやかな色彩ですが、このシギ、夏羽では雄の方が色鮮やかですので、京女の中でも派手な方は男性ということになり、なんかよくわかんなくなってきます。

波消しブロックの上で、しきりに採餌しているところを動画に撮ってみました。



一見、藻をつついているように見えますが、実際にはその下を引っくり返して、波で打ち寄せられてくる小動物やなんかを食べているようです。このブロックは人気でして、大勢の鳥がとっかえひっかえポジションの取り合いをしていました。一番ザバザバ波が当たる場所にあるので、さまざまなものが打ち寄せられてくる量も多かったのかもしれなせん。

※キョウジョシギ
千葉県RDB・C(要保護生物)

Category: 鳥類

17:11 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

ハマヒルガオ

2015.05.11(Mon)

初夏らしい陽気になってきました。大房岬の海岸にはハマヒルガオが咲き乱れていました。

20150511.jpg 201505111.jpg
(20150509 南房総市)

このピンク色の花を見ると、ああ海に来たわいという感じがしてきますね。北海道から沖縄まで、海岸の砂地に生育する多年草です。「浜昼顔」といいつつ、一日花で朝も夕方も咲いています。房総半島ではちょうど今頃が、この花が見目良い季節でしょう。

Category: 山野草

15:10 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

アオマダラタマムシ

2015.05.10(Sun)

ヤマトタマムシほどの知名度はありませんけれど、アオマダラタマムシも非常に美しいタマムシです。

20150510.jpg 201505101.jpg
(20150509 南房総市)

ホントはもっと金属光沢があり、光の具合でグリーンにも赤銅色にも見えて鮮やかなのですが、どうも写真に撮ったら地味な感じになってしまい、申し訳ないことです。

体長は3cm弱ほど。広葉樹林に生息し、西日本に多く東日本に少ない種で、千葉県では房総半島南部に生息しています。私自身、実は初めて出会う虫でした。こういうブログをやっていても、出会ったことのない生き物など、千葉県内ですらそれこそ星の数ほどおり、ましてや県外や国外に出ればまたそれぞれの出会いがあり、ブログネタが尽きるということは、私が野山をうろうろする機会がちょっとでもある限りは当分考えられそうにありません。ありがたいことです。

※アオマダラタマムシ
千葉県RDB・C(要保護生物)

Category: 昆虫類・甲虫目

19:10 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

スジベニコケガ

2015.05.09(Sat)

今日は大房岬自然公園で千葉県生物多様性センター主催の現地研修会がございました。集合場所のインフォメーションセンター・・・の、前の電話ボックスにいたのがこのガ。

20150509.jpg
(20150509 南房総市)

その時は種類がわからず、家に帰ってスジベニコケガらしいと調べあたりました。私はスジベニコケガというのはもっと赤い線がいっぱい入っているイメージがあったのですが、模様の個体変異が大きく、こういうのもいるようです。開張は3、4cm。初夏のちょうど今頃、成虫が発生し始めます。頭部と胸部の背面の黒い斑点が顔みたいでちょっとかわいいですね。

Category: 昆虫類・チョウ目

23:30 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

羽化直後のシオカラトンボ

2015.05.06(Wed)

8月に上総一ノ宮の美術教室・たまあーと創作工房様による夏の特別教室で講座をひとつ担当させて頂くため、現地に下見に出かけ、たまあーと主催の先生に色々とご案内頂きました。

・・・その中途、田んぼの脇のU字溝で、羽化直後のシオカラトンボを何頭も見つけました。

20150506.jpg 201505061.jpg
(20150430 長生郡一宮町)

シオカラトンボの幼虫(ヤゴ)は水底の泥の中などで成長し、通常植物上などで羽化するのですが、こうしてコンクリートの垂直面のようなところで羽化することもしばしばあります。かたわらには脱いだばかりの羽化殻がありますね。薄茶色に濁った複眼と澄んだ透明な翅は、羽化直後の個体に特有のものです。羽化は夜中に行われることが多く、それからしばらくこうして飛行可能な状態になるまで、文字通り翅を伸ばして体を固めているのです。当然、この時間は外敵に襲われることも多く、また羽化そのものに失敗し、翅を正しい形に伸ばせなかったりすることも多々あります。当たり前の話ですが、殻を脱いで変身し、水中で暮らしていたのが空を飛べる形態になってしまうのですから、改めて昆虫というのはすごいものです。

▽シオカラトンボに関する過去の記事
シオカラトンボの未成熟個体 2012.7.9
シオカラトンボ(♀)、ナツアカネを捕食する 2010.8.21

シオカラトンボ(♂)の未成熟個体 2009.7.30
シオカラトンボの交尾 2009.5.30
シオカラトンボ(♀) 2008.7.30
シオカラトンボ 2008.5.27

Category: 昆虫類・トンボ目

22:09 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

クロムネアオハバチ

2015.05.03(Sun)

クロムネアオハバチもまた、体長13mmほどに達する、大型のハバチです。「黒胸青葉蜂」というのはなんとも即物的すぎる命名ですが、その薄いブルーと黒のコントラストは実に美しいものです。

20150503.jpg 201505031.jpg
(20150425 山口県美祢市)

ここでは、タブノキの花にたくさん集まっていました。私は蜜を集めているのだとばかり思っていたのですが、あとで調べてみるとこのハチの雌はハムシなどを食べる肉食とのこと。中には蜜じゃないものを求めて来ているのもいたのかもしれません。


Category: 昆虫類・ハチ目

23:16 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

キコシボソハバチ

2015.05.01(Fri)

キコシボソハバチは体長1cmを越える、やや大型のハバチです。

20150501.jpg
(20150425 山口県美祢市)

幼虫の食草はハコベのようなナデシコ科の植物。成虫は4月から5月以降に出現します。黄色・黒・赤の三色の配置が鮮やかで、ハバチの中でも美麗種のひとつとされることが多いハチです。日光に照らされてとまっているところをじっくり見ると、なるほどやっぱり綺麗ですね。千葉県にもふつうに生息しているハチなのですが、初めて訪れる土地で見ると初めて見る虫のような気がしてくるから不思議です。

Category: 昆虫類・ハチ目

23:21 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

プロフィール

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1035位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
106位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑