DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。
月別アーカイブ  [ 2017年08月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ビジョオニグモ

「美女」であり、かつ「鬼蜘蛛」。何がどう美女なのかというと、ものの本には「模様が綺麗だから」などと身もふたもないことが書いてあったりします。はあ。

20170728IMG_8338.jpg
(20170728 袖ヶ浦市)

腹部はまるで顔のよう。くの字型の黒い斑紋がまるで「口ひげ」みたいにも見えますね。平地から山地まで生息し、雑木林の周辺などの環境で見られるのですが、それほど出会う機会が多いクモでもなく、房総半島では決してその生息数は多くないように思われます。木の枝や植物の間に垂直円網を張ります。その網は金色がかっていて、実際美しいものです。しげしげと眺めてしまうほど綺麗なのは、クモ本体よりもむしろこの網なのかもしれません。

愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
大島 健夫

マイナビ出版 2014-08-20
売り上げランキング : 144405

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト
[ 2017/08/01 23:30 ] 鋏角類 | TB(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。