フタモンアシナガバチの巣

2011.08.18(Thu)

草むらの中で、フタモンアシナガバチ の巣を見つけました。春先から女王蜂がひとりで工事から育児までをこなしていた巣も、この時期になると多数の働き蜂でにぎわっています。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110816 千葉市若葉区)


かなり大きくなっても、巣を支える「アーム」の部分はひとつだけです。巣は、こうした横向きタイプだけでなく、環境によって下向きに作られることもあります。


フタモンアシナガバチはそんなに攻撃性が強くなく、基本的にはこうして接写しても平気です。しかしそこはやはりアシナガバチですから、刺されれば痛くもあり、何度も刺されると体質によっては危険でもあります。特にまずいのは、巣がそこにあることに気づかず、うっかり蹴飛ばしてしまったような場合です。この、「そこにいること/あることに気づかず、踏んづけたり蹴飛ばしたり触ったりする」というのは、毒性を持つ様々な小動物に対し、できるだけ慎まねばならないことです。


様々なバッタ類やイモムシなどを捕食するアシナガバチの仲間は、農業や園芸にとって有益であるのみならず、森林の維持という点においても大きな役割を果たしています。ちょっぴり怖いけれど、性質をよく知り、お互いにとって不幸な形での接触を避けてゆきたいものです。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・ハチ目

21:53 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
587位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
59位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑