メスグロヒョウモン(♂)

2008.06.13(Fri)

このチョウは、五月に幼虫のほうを取り上げました。こんなの が、羽化するとこうなるのです。


   

(20080609 千葉市若葉区)


「豹紋」という名前の通りの、オレンジと黒のコンビネーションですが、これは雄で、雌はかなり異なっており、青みがかった黒と白のコンビネーションです。そこで「雌黒」ヒョウモンという名前なわけでして。


ところで、本題とは特に関係ありませんが、このチョウがとまっているツゲの木は、昔、テレビに出演したことがあります。


私の祖父は長く教師をしていたのですが、その(戦前の!)教え子のひとりがちょっぴり偉くなり、祖父は「かつての恩師」という役どころで、千葉テレビのドキュメンタリー番組に出演し、インタビューを受けたのです。祖父の出演時間はほんのわずかでしたが、その中には、多分、テレビ的に日常っぽいシーンを入れたかったのでしょう、剪定ばさみを手にこのツゲの手入れをする祖父のシーンも入っていました。その祖父も私が高校生の時に亡くなり、先ごろ十七回忌も済ませました。


祖父が出たローカル番組のことなんて、そんなことがあったということもずうっと忘れていたのですが、記憶というのは不思議なものですね。チョウの姿を見た拍子に、ふと、思い出してしまいました。


裏側の模様はこういう感じです。日が落ちる頃、少し離れたウメの木の葉陰で寝ていました。



   

(20080609 千葉市若葉区)

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

22:11 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
695位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
71位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑