クヌギの木のアオダイショウ

2011.09.09(Fri)

アオダイショウが木登りが得意なことは、今までにもこのブログで何度か紹介してきた通りです。通りすがりのクヌギの木で、こういう状態で休んでいるのに遭遇。

DAYLIGHT RAMBLER DAYLIGHT RAMBLER 
(20110907 千葉市若葉区)

よくもまあ、垂直な木の幹で逆さまに静止していられるものです。体長は7、80cmほど。まだ背中にマムシのような模様が入っている、幼い個体です。

カメラを近づけるとスルスルと動き出しました。動画でどうぞ。速い!

 

まあ、樹上などの高所でネズミや鳥を捕獲するには、このくらいのスピードがなけりゃダメでしょう。たまに「マムシが木の上から降ってきた」なんて言う人がいます。しかしマムシというのは地面にへばりつくような生活をしているヘビですから、こんな芸当はおよそ不可能です。そのようなケースはたいていの場合、こうした若いアオダイショウを誤認したものでしょう。十分に成長したアオダイショウでしたら、マムシなどとは間違えようもありません。何しろデカいですから。

※アオダイショウ
千葉県レッドリスト・D(一般保護生物)
千葉市レッドリスト・C(要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Category: 爬虫類

19:03 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
826位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
78位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑