キリウジガガンボの交尾

2011.09.10(Sat)

カのお化けみたいなガガンボ。キリウジガガンボは、田んぼの近くなどでよく見られる種です。体長は1.5~1.8cmほど。脚が長いので見かけ上の大きさはその倍以上です。薄暗い林縁で子作りに励んでおられました。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20110910 千葉市若葉区)


・・・無論、人の血を吸ったりはしません。


「キリウジ」というのは変な名前ですが、漢字にすると「切蛆」です。これの幼虫が、途中で胴体をぶった切ったような形をしていることに由来するのです。そのぶった切られウジムシ型の幼虫は植物の根などを食べて育つため、イネの害虫として扱われる場合もあります。羽化後の成虫は、花の蜜などを吸っているようです。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・ハエ目

17:49 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
650位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
72位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑