クロゴキブリ

2011.10.04(Tue)

2年ほど前にある画廊で巨大なゴキブリに出会いました。たまたまそこに当ブログの読者の方がいらっしゃいまして、私が写真を撮り、「これ明日載せましょうか?」と言ったら、「ダメですよ!こんなの載せたらアクセス数が半分になりますよ!」と必死で止められたのを覚えています。その後、みんなでスリッパやボール紙など持って追いかけたのも覚えていますが、どうも結局逃げられたような記憶もあります。


正直なところを言いますと、あの時ブログに載せなかったのは、アクセス数の心配をしたからではなく、写真がブレていたからです。


当ブログは自然科学の真理を希求するブログであります。大衆に迎合するあまりその真理から目を背けることはないのであります。<何を言っているんだ


しかしながら、日ごろ家や仕事先、食堂等で彼らに遭遇しても、まずは古雑誌や新聞紙のような、丸めてひっぱたけそうなものを探す方に頭が行ってしまい、なかなか撮影するという方向にはなりません。そんなわけでたいへん時間はかかりましたが今夜、満を持していよいよ登場いたします。クロゴキブリさんです。ジャーン。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20111004 千葉市若葉区)


クロゴキブリは人家でもっとも普通に見られるゴキブリです。原産地は実ははっきりとはわかっておらず、中国大陸原産ともアフリカ原産とも言われ、日本には江戸時代に入ってきたようです。脱皮を繰り返して成虫になるまで一年半かかり、成虫になってからの寿命は半年ちょっとくらいだそうです。南方系のため寒さには比較的弱く、少し前までは「北海道には生息しない」とどの本にも書いてありましたが、現在ではばっちりと侵入しております。平べったい身体と、垂直面も自由自在な高性能の脚、餌のありかを的確に見つけ出す触角は、もともと暮らしていた熱帯雨林よりむしろ人間の近代的な住環境に適応していたのです。


そのように人類の身近なところで大繁栄する一方、ゴキブリはよく知られているように、非常に古い時代からその形態を保って生き続けており、3億年以上前の地層から、既に現在と大差ない形の化石が発見されています。この時代は昆虫や節足動物の巨大化が著しく、翼開長60cmの「メガネウラ」というトンボの親方みたいなのや全長2mのムカデなど、もう滅茶苦茶な連中が我が物顔にふるまっておりました。ゴキブリのご先祖様である「プロトファスマ」もやはり大きく、12cmほどあったといいますから、顔に向かって飛んできたら大恐怖だったことでしょう。もちろんこの時代、人間どころか哺乳類そのものがまだ出現していないのですが・・・



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ






関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・ゴキブリ目

22:53 | Comment(6) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

南風 #79D/WHSg

1. 無題


ぢつは私もこのクロゴキブリをいつかは登場させたいと思っているのですが、おっしゃるとおり、いつの写真もブレブレで使い物になりません。
捕まえてケージの中に入れて写真を撮ろうか・・・とも考えましたが、自然の中での虫たちの生態写真をモットーとする私です、それはやめました。
なので、もうしばらく後になりそうです。

でもゴキブリにこんなに苦戦するとは、つゆにも思いませんでした。

スミマセン。。。単なる愚痴でした。。。

2011.10.04(Tue) 23:52 | URL | EDIT

あしゅりん #79D/WHSg

2. ああ!


実に素晴らしいですね。
ゴキブリさんたちを撮影するのは本当に難しいですから。
また、頭部がはっきりとわかる写真なのが更に素晴らしいです。

2011.10.05(Wed) 08:04 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

3. Re:無題


>南風さん
ゴキブリ、実は野外の昆虫より撮影が難しいんですよね。

たまたま白い壁にいたので撮れましたが、数枚撮ってまともなのはこの一枚だけです。手ごわい相手です・・・

2011.10.05(Wed) 14:21 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:ああ!


>あしゅりんさん
カメラを向けた時の反応速度が、他の昆虫とは全く異なる速さですね。トップスピードそのものより、静止状態からトップスピードに達するまでの
瞬発力がすごいと思います。運動選手の端くれとしては、尊敬に近い感情を持ってしまいます。

2011.10.05(Wed) 14:25 | URL | EDIT

ミント #79D/WHSg

5. 飼った事、あります。


高校の時、部屋に出てきたゴキブリ(アブラムシと言ってました)を1ヶ月程、瓶に入れ、飼ってたことがあります。 飼うとなんか可愛く水を上手に飲み、ご飯もあげてました。 瓶を開けると、ゴキブリ独特の匂いがするんですよ。
でも母に見つかり、強制的にほられました。
 
私のブログでコクワガタやオオスズメバチを撮った時、クロゴキブリも、河川敷にある同じ木の樹液を食べてたんですよ。  でも私も、ゴキブリを載せては見る人がイヤだろうと、載せるのやめたんです。
Takさんの写真のゴキブリ綺麗ですね。

今は、部屋に出て来ると、退治しますよ。

2011.10.05(Wed) 15:25 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

6. Re:飼った事、あります。


>ミントさん
うちの方でも油虫って言います。
なんかそんなお話を聞くと私もちょっと飼ってみたくなります(笑)。

写真のはすっきりした綺麗なゴキブリでした。

2011.10.07(Fri) 00:31 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
593位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
63位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑