ナガコガネグモ、カトリヤンマを捕食する

2011.10.07(Fri)

過去二年より少し遅めですが、今年もカトリヤンマの産卵行動が始まっています。

DAYLIGHT RAMBLER DAYLIGHT RAMBLER 
(20111007 千葉市若葉区)

水路の水の中ではなく、岸辺の泥の中に産卵管を差し込んで産卵します。この光景を見るとああ、秋だなあと思います。

しかし、みんなが無事に産卵できるとは限らないのです。ナガコガネグモの網に一頭、つかまっていました。地面に近い場所に網を張って待ち受けるナガコガネグモは、産卵行動のため地上近くに降りてくるカトリヤンマにとっては大敵です。

 

必死に羽ばたいてもがくカトリヤンマを、クモは糸でぐるぐると丸めてゆきます。体格でも力でもカトリヤンマは一歩も引けを取らないはずですが、このシチュエーションではボクサーが柔道家に寝技で抑えられているようなもので、もはやどうにもなりません。丸めるだけ丸めると、クモは脇にのいてしまいます。もっと弱ってから食べようというのでしょうか。

DAYLIGHT RAMBLER DAYLIGHT RAMBLER 
(20111007 千葉市若葉区)

昆虫の世界では、秋は、新たな命がこの世に送り出される季節です。そして同時に、そのために命がパスされていく季節でもあるのです。このナガコガネグモは雌です。ナガコガネグモの産卵シーズンは、8月から10月なのです。

※カトリヤンマ
千葉県レッドリスト・B(重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

23:20 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
64位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑