トゲナナフシ

2011.11.09(Wed)

トゲナナフシは、名前の通りトゲのついた木の枝にそっくりです。体長は6、7cmほど。単為生殖を行い、野外では長らく雌しか知られていなかったという聖母マリア様のような昆虫ですが、近年になって雄も発見されました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20111108 袖ヶ浦市)


この写真の個体は無論雌です。


元来が南方系の昆虫で、千葉県は分布の北限に当たります。アザミ、ヤツデ、バラなど、食草とするのも棘の生えた植物が多いです。動きは非常にゆっくりとしており、身体に生えたトゲも捕食者に刺さるほどの鋭さはありません。もっぱら擬態によって身を守っているのです。


※トゲナナフシ

千葉県レッドリスト・C(要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)
人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・ナナフシ目

11:54 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
593位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
63位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑