スナヤツメのアンモシーテス幼生

2011.11.13(Sun)

魚類観察ケースというものがあります。アクリル板とかでできていて、つかまえた魚を横からよく観察したり撮影したりできるものです。しかしこれ、お店で買うと何千円とかします。材料を買ってきて自作しようとしても、アクリル板自体けっこう高くてやっぱり千円をすぐ越えてしまいます。


そもそも、私が普段相手にしているのは(今のところ)小型の魚類ばかりです。もっと簡単なもので十分間に合います。そんなわけで百円ショップに行って、収納用品売り場で長さ20cmくらいのアクリルケースを買ってきました。


さっそく今日、水路の調査でデビュー登板です。ホトケドジョウ を入れるとこう。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20111113 千葉市若葉区)


メダカ を入れるとこう。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20111113 千葉市若葉区)


・・・十分実用になるみたいです。唯一の問題は、浅いのでスジエビ を入れたら飛び出して逃げてしまったことくらいです。これで今後は、魚などを紹介するときにちゃんと横からの写真をつけられ、形態についてよりわかりやすく述べられると思います。


ということでほくほくと調査を続行するうち、先日取り上げたスナヤツメ の、今度はアンモシーテス幼生に出会いました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20111113 千葉市若葉区)


うしろに見えるユニクロの袋は、このような高級な機材の数々を収納するのに用いているものであります。あんまり気にしないでください。


成魚に変態する前のアンモシーテス幼生は、まるでミミズのような顔つきをしています。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20111113 千葉市若葉区)


成魚と大きく異なる点ですが、まず、目がありません。そして口は「漏斗」のような形をしています。 これで水底の砂泥の中で有機物を摂取するのです。3年間のアンモシーテス幼生生活ののち、成魚に変態したスナヤツメは、目を獲得し、世界を見ることができるようになります。しかし、変態後はもはや食物を摂ることはなく、円盤状に変化した口は、吸盤としての役にしか立ちません。秋に変態した成魚は翌年の春に繁殖行動を行い、次代の子孫を残すとともに死んでゆくのです。


※スナヤツメ

環境省レッドリスト・VU(絶滅危惧Ⅱ類)

千葉県レッドリスト・A(最重要保護生物)

千葉市レッドリスト・A(最重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ






関連記事
スポンサーサイト

Category: 魚類

22:36 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

うりゅう #79D/WHSg

1. 無題


結構大きい幼生なんでしょうか
僕が飼ったのは5cmくらいで
こんなにはっきりと口の形状を見られませんでした
時折左右の唇状の物を泥の上で動かして
餌を採るような行動をしていたのを思い出しますが
基本的に殆ど泥の中でした
鮮明な写真ありがとうございます

2011.11.13(Sun) 23:26 | URL | EDIT

りょうちゃん #79D/WHSg

2. スナヤツメ


こんにちは。
夜盲症によいとか言う生薬や秋田名物のヤツメウナギの串焼きなんかはカワヤツメだそうですが、スナヤツメが絶滅危惧種になった原因は食用や薬用に乱獲されたためなのでしょうか?
成長して目が出来るのは、繁殖相手を探すため?しかも植物を採らず、産卵し子孫を残して
死ぬ・・こお言う生物は色々あるのですね( ̄□ ̄;)

2011.11.14(Mon) 11:53 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

3. Re:無題


>うりゅうさん
この幼生は10cm以上あり、おそらく来年には変態するんだろうと思われる大きさでした。

口元、改めてみると本当におもしろい形をしていますね。私も接写してみて初めてはっきり観察しました。

2011.11.14(Mon) 18:16 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:スナヤツメ


>りょうちゃんさん
こんばんは。
スナヤツメも食べられるそうですが、減少の大きな原因は生息環境である湧水のある清流そのものがなくなっていることが大きいと思います。「変態すると餌をとらなくなる」というのは昆虫とかにはよくありますね。子孫を残すために変態する、繁殖し終わったら死ぬ、というのは考えると厳しいさだめですね。

2011.11.14(Mon) 18:21 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
795位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
83位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑