アカネズミの死体

2011.12.06(Tue)

アカネズミは、北総の里山では多くの地域でもっともポピュラーなノネズミです。と言っても夜行性でもあり、なかなか「野外でばったり」なんてことはありません。


農道のアスファルトの上で、実に綺麗な死体を見つけました。以前、ニホンジネズミの項 でも書きましたが、このような小さな哺乳類の無傷の死体はそうそうそこらへんに転がっているものではないのです。変な話ですが、これも何かの縁なのでしょう。

DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20111206 千葉市若葉区)


まるで眠っているようです。よく似たヒメネズミとの最大の相違点は尻尾の長さで、ヒメネズミの尻尾はだいたいにおいて頭胴長よりも長く、アカネズミは短い場合が多いのです。


車に轢かれたら気の毒なので、そーっと路肩の落葉の上に移しました。やっぱり眠っているようです。

DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20111206 千葉市若葉区)


私の左手との比較でわかる通り、頭胴長は10cm前後です。地中に巣穴を掘り、ドングリや様々な種子、昆虫などを食べて暮らしています。日本の固有種です。


※アカネズミ
千葉市レッドリスト・C(要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

Category: 哺乳類

20:19 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
64位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑