湧水のドジョウ

2011.12.12(Mon)

ドジョウ は寒い冬、泥や砂の中にじっと身をひそめて過ごします。しかし、暖かい日には外に出てきもしますし、湧水があったりして温度が一定以上に下がりにくい場所では気温がかなり低くてもその姿を見ることができます。


この写真の個体もそんな湧水のある土水路からすくい上げました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20111212 千葉市若葉区)


胸鰭が大きく発達しているので、男の子です。体長は10cmほど。


ちょうど同じ場所でホトケドジョウ も網に入ったので、体形を比較してみましょう。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20111212 千葉市若葉区)


一目瞭然、ドジョウのほうがずっとスマートで、ホトケドジョウはまるでドラえもんみたいですね。


ドジョウの寿命は意外に長く、野生では5年から10年、飼育下では20年以上生きることもあるそうです。ただし、飼育する際は入れ物にご注意ください。ドジョウは脱走の名人で、短い距離なら陸地を這うこともできます。野生下でも雨の日など、畦を越えて隣の田んぼに行くくらいのことは簡単にやってのけるのです。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

Category: 魚類

19:07 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

えいじ・オンニョンお前は生きろ! #79D/WHSg

1. こんばんは(^o^)


はじめまして。(^o^) 餌用のドジョウの中にホトケドジョウらしきドジョウを今飼っているのですが、千葉のホトケドジョウと微妙に違う気がするのですが種類が違うのでしょうか? いきなり質問して申し訳ございません。

2011.12.12(Mon) 23:19 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:こんばんは(^o^)


>えいじ・オンニョンお前は生きろ!さん
はじめまして!
ホトケドジョウはけっこう地域によって体色などに差があるようです。私の住む千葉県北部ではこのような茶褐色の個体が多いように思います。湧水の近辺などに生息する魚ですから移動性が強くないため、地域ごとの分化が進んだのかもしれませんね。

2011.12.13(Tue) 17:22 | URL | EDIT

えいじ・オンニョンお前は生きろ! #79D/WHSg

3. 無題


>takさんやはりそうですか! 家のホトケドジョウは色は茶褐色ですが長さがハセンチくらいありかなり長いですね! どこの餌ドジョウかわかりませんが、これで2回目です!意外と混じりで入っている可能性があります。とても水質悪化にも強い印象です。とりあえず大事に飼って繁殖させたいです。

2011.12.13(Tue) 19:10 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:無題


>えいじ・オンニョンお前は生きろ!さん
8センチはかなり大きいですね。千葉ではそんなに大きいのは稀です。

水質悪化に強い、というのも意外です。農薬などが流入すると真っ先に消えてしまう魚、という印象が強いので。大事に飼ってあげてくださいね^^

2011.12.14(Wed) 19:33 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
925位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
101位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑