ヒカゲチョウの日光浴

2008.06.18(Wed)

薄暗いところが好きなヒカゲチョウですが、夕方になると林の縁まで出てきて、よく翅を広げています。



  

(20080616 千葉市若葉区)


気温の下がってくる夕方は、翅に日光を浴びる必要があるのでしょうか。あるいは、こんなふうに休みながら縄張りを監視しているのでしょうか。特に雄のヒカゲチョウには、かなり明確な縄張りがあるようです。そう言えば、こうしてヒカゲチョウが翅を広げるのは、いつも開けた場所に面した、一定以上の高さの葉の突端のことが比較的に多いですね。このチョウも、少し引いてみるとこういう状態です。



 

(20080616 千葉市若葉区)

さて、何が見えているのかな?ちなみにこのチョウは日本固有種だそうです。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

21:14 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
593位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
63位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑