イソシギ@千葉ポートパーク

2012.01.23(Mon)

イソシギ は、2011年の千葉県レッドデータブックの改訂に際し、ランクが「B(重要保護生物)」から「A(最重要保護生物)」へと引き上げられました。これは、繁殖個体群に関して保護が必要であると判定されたためです。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20120123 千葉市中央区)


その主たる営巣場所は、水辺の草がまばらに生えた地上であり、河川改修等により、そのような環境は年々圧迫を受けています。この写真の個体は、単独で波打ち際を歩き回りながら採餌していました。あまり群れを作らず、このように1羽ないし2羽程度で行動していることがほとんどです。飛んでゆくときは白い「翼帯」が目立ち、ちょっと白い筋の入ったブーメランが飛んでいくようにも見えます。


※イソシギ
千葉県レッドリスト・A(最重要保護生物)

千葉市レッドリスト・B(重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)


自然科学 ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

21:06 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
668位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
66位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑