セグロカモメ@綿打池

2012.01.30(Mon)

この冬はどうもユリカモメ の飛来が少なく、毎年大量に来ているはずの綿打池でも、どうもごく少数しか見ることができません。


この日もさっぱり出会えずじまい。杭の上に一羽だけいたのは、セグロカモメ でした。本来この季節のこの池であれば、たくさんのユリカモメに混じってぽつぽつといる、という感じであるはずが、その「ぽつぽつ」の方しかいないというのはちょっと心配です。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20120130 千葉市中央区)


セグロカモメは、ユリカモメよりもずっと大きく、カラス以上のサイズがあります。白くて太って見えるので、実際に目のあたりにするとかなり大きな鳥という印象を受ける鳥です。やはり日本には冬鳥として飛来し、繁殖地はユーラシア大陸や北アメリカ大陸の北部を中心とした地域です。首から頭部にある薄黒い斑は夏羽では消えます。もっとも、私は夏羽のセグロカモメを実際に見たことはないのですが・・・



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)


自然科学 ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

17:34 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
795位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
83位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑