アシダカグモ

2008.06.19(Thu)

とにかくこのクモは大きいですね。



  

(20080616 千葉市若葉区)


これぱうちの洗面台にいたやつで、まだそんなに大きくないのですが、年を経た大物は余裕で大人の掌くらいの大きさになります。夜とか、突然トイレや風呂なんかでこれと出くわして腰を抜かした女性も多いかと存じます。


しかし、ビックリするあまり、スリッパで殴ったり殺虫剤をかけたりするのはあまり賢明でないように思います。というのは、このクモはゴキブリを主食とし、見つけ次第に殺してくれるありがたい生き物だからです。見かけは怖いですが毒もないし、徘徊性なので壁に巣をかけたりもしません。黙って放っておけばあなたの家のゴキブリはぐんぐん減少し、やがてゴキブリがいなくなったらその時にはこのクモもどっかへ移住することでしょう。


もともと日本にいた種類ではなく、近世以前に何かに紛れ込んで渡来して、あとはゴキブリを追いかけるように分布を拡げてきたものらしいです。去年まで、私の家には、私が「先生」と呼んでうやまっていた、大変に大きな個体がいたのですが、ある日私が夜中に帰宅した際、足元にいたのに気づかず洗濯機の横で誤って踏んづけてしまい、節足動物の世界の天国へと旅立っておしまいになりました。今考えても非常に不幸な事故でしたが、私は正直、あれは自殺だったのではないかと思います。「先生」はそれは素早いクモでしたから、まぬけな私の足など避けられなかったはずはございません。きっと、いろいろとお辛いことがおありだったのだと思います。我々には計り知れないことですが・・・

関連記事
スポンサーサイト

Category: 鋏角類

21:00 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

ルイ #79D/WHSg

1. 自殺でしょうか。


もしかして「先生」はTakさんにお伝えしたいことがあったのかもしれません。でもためらっているうちに不幸な事故にあわれたのかもしれません。

今言ってもせんないことではありますが、改めて「先生」のご冥福を祈らせて頂きます。(合掌)

ワタクシもこの種類は敬う事にしております。現在同居中の方がおります。

2008.06.19(Thu) 22:15 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. 無題


>ルイさん
つ、伝えたいことがあったのなら私の足の下で伝えようとしないでいただきたかった(涙)。

この種類はうやまうのがベストと思われます。大切にして同棲生活をお楽しみください。

2008.06.20(Fri) 18:36 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑