アオバト

2012.02.12(Sun)

本日はとあるワークショップに参加するために鴨川市は内浦山県民の森に行っておりまして。


プログラムの途中で、参加者のSさんが私をつかまえ、「鳥、お詳しいですか?」と言います。変なハトがいるというのです。様子を聞くとどうもアオバトのようです。たまたま県民の森のスタッフのYさんもそこにいらっしゃいましたので、「ここ、アオバトいますかね」と尋ねると、いることは確かだが、滅多に姿を見ることはないとのこと。


・・・即座に三人で、Sさんがハトを見たという木立の奥に入ってゆくと、


DAYLIGHT RAMBLER  

(20120212 鴨川市)


本当にいました。しかもわざわざ、手前の枝にとまってポーズをとってくれるというサービスの良さ。


アオバトはキジバト などとほぼ同大で、青というより黄緑色に見えます。海岸に塩水を飲みに行く習性があり、ここでもそうした行動が確認されているとのこと。房総丘陵では周年見られ、繁殖もしているようですが、その生息状況はいまだ詳らかではないようです。


「良かったですね~」「素晴らしい~」などと無邪気に喜んでいた我々三人ですが、当然はたから見れば、プログラム中にいつの間にか消えていたことになるわけです。山の中で三人もいっぺんに蒸発してしまったため、他の参加者の皆様の間では、「あの人たちはどこへ行ったんだ!?」と軽い騒ぎになっていたそうです。申し訳ありませんでした。


※アオバト

千葉県レッドリスト・B(重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)


自然科学 ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

20:44 | Comment(6) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

うりゅう #79D/WHSg

1. 声はすれども


姿はなかなか見られませんね
高い所に留まるのも観察しにくい理由かな?

海が無い長野県では意外な所に集まります
畑などに牛フンを積み上げ熟成させますが
その時に出る汁に集まるのを何度か見ています
塩分に乏しい内陸部では仕方ないのかもしれませんね

2012.02.12(Sun) 23:12 | URL | EDIT

#79D/WHSg

2. 昨日はお疲れ様&有難うございました。


発見者、Sです。

昨日は私の方としては、お話させて頂いた中で気付けたこともあり、有難かったですが
初めてのフィールドとも知らず、貴重なお時間を使ってしまい、申し訳ありませんでした。<(_ _)>

例の拾った「アオバトのものかもしれない羽毛」は、何かの役に立てばと、県民の森事務所にも「調べてみないとそうかは判りませんが」と事務の方に言伝をして、もうお帰りになっていたYさん宛てに2枚置いて参りました。

1枚持ち帰った羽を嗅いでみると、どうやらおしり周辺or尾脂線周辺のものだったようで、クサカッタです。(下品ですみません。鳥を長年飼っていたので解ってしまいます。)
アオバトのものだといいですね。

それでは、これからもご活躍を願っています。



2012.02.13(Mon) 14:21 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

3. Re:声はすれども


>うりゅうさん
とりわけ越冬期には暗い森の中で暮らすようですね。出会えたのは本当に運が良かったです。

牛糞の汁に集まるお話、興味深いです。生き物はその環境に合わせて生き抜いていくのですね。

2012.02.13(Mon) 17:40 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:昨日はお疲れ様&有難うございました。


>sさん
こちらこそ、昨夜は本当にありがとうございました。
Sさんが見つけてくださったおかげで私たちも間近で観察することができました。あのような場で、目が違えば見えるものも違うことを痛感します。

羽毛、臭いましたか(笑)。アオバトは冬季にはあまり海岸に出ず、森の中で暮らすようです。本当に一期一会ですね。

それでは、またどこかで。

2012.02.13(Mon) 17:44 | URL | EDIT

りょうちゃん #79D/WHSg

5. アオバトのなぞ


こんばんは。
命がけで岩場の波飛沫を受けながら海水を飲むと言う習性・・夏場だけで、冬場ははやらない・・独特の色との関連性もあるようで、見たこともないのに、興味津々です。江の島、鎌倉の森には多いそうですが房総にもいるとなれば、今年の夏はアオバトをぜひ見たいものです♪

2012.02.14(Tue) 22:22 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

6. Re:アオバトのなぞ


>りょうちゃんさん
こんばんは!
色々とまだ謎の多い鳥みたいで興味深いです。私自身、こんな間近で見るのは初めてでした。今度は海岸でも出会ってみたいです。

2012.02.15(Wed) 17:39 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
650位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
72位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑