ノウサギの糞

2012.03.02(Fri)

野生の哺乳類というものは、確かにその場所にかなりの数が生息しているものであっても、なかなか野外で実物に出会うというのは難しいことです。しかし、彼らとてうまく姿を隠していても、様々な形でその生活の痕跡を残していきます。

開けた草原で、ノウサギの糞を見つけました。

P3015894.jpg P3015896.jpg
(20120301 千葉市若葉区)

直径1.5cmほど、ほぼ完全なボール型です。植物の繊維がぎっしりと固まっている感じです。前夜の雨で濡れているため黒っぽいですが、乾いているともう少し薄い色です。

夜行性のノウサギはこうした開けた場所、それも毎晩わりと決まった場所に糞をします。この草原は、かなり多くの人がそのすぐ横を通りかかる場所です。その人たちのほとんどはノウサギを見たことはなく、おそらくはいると思ったこともないかもしれません。しかし、ノウサギはそこにちゃんといるのです。そこにいて、毎晩あたりを動き回り、糞を残していくのです。

※ノウサギ
千葉市レッドリスト・B(重要保護生物)


関連記事
スポンサーサイト

Category: 哺乳類

19:02 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
650位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
72位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑