DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ノウサギの糞

野生の哺乳類というものは、確かにその場所にかなりの数が生息しているものであっても、なかなか野外で実物に出会うというのは難しいことです。しかし、彼らとてうまく姿を隠していても、様々な形でその生活の痕跡を残していきます。

開けた草原で、ノウサギの糞を見つけました。

P3015894.jpg P3015896.jpg
(20120301 千葉市若葉区)

直径1.5cmほど、ほぼ完全なボール型です。植物の繊維がぎっしりと固まっている感じです。前夜の雨で濡れているため黒っぽいですが、乾いているともう少し薄い色です。

夜行性のノウサギはこうした開けた場所、それも毎晩わりと決まった場所に糞をします。この草原は、かなり多くの人がそのすぐ横を通りかかる場所です。その人たちのほとんどはノウサギを見たことはなく、おそらくはいると思ったこともないかもしれません。しかし、ノウサギはそこにちゃんといるのです。そこにいて、毎晩あたりを動き回り、糞を残していくのです。

※ノウサギ
千葉市レッドリスト・B(重要保護生物)


関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/03/02 19:02 ] 哺乳類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。