アキアカネの未成熟個体

2008.06.19(Thu)

春先にアズマヒキガエル が繁殖に来ていた、例の小さな池のほとりに、トンボが一匹とまっていました。



   

(20080617 千葉市若葉区)


トンボ、特にこういうまだ若い個体の種類を見分けるのは私程度にはなかなか難しいのですが、翅胸の模様からしてこれはアキアカネのようです。「えーっ」って思うでしょ?でも、赤トンボの仲間も未成熟な間はそんなに赤くなく、オレンジ色なんですよ~。


アキアカネは羽化してしばらく経つと高山帯とかに行って暑い夏を過ごし、涼しくなってから人里に下りてくるトンボなので、この個体はまだ羽化後そんなに時間が経っていないのでしょう。じーっととまっていたので、翅がきちんと固まるのを待っていたのかもしれません。これからきっと長い旅をすることになるのでしょうが、運が良ければ三ヵ月後くらいにまた会えるでしょう。その時には多分、色も真っ赤になっているはずです。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

21:19 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
801位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
75位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。