DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シュンラン・2012年

生き物を目当てに野山を歩くことには、人それぞれ様々な楽しみ方があると思います。しかしやっぱり、その季節でなければ見られない動植物に出会うことによって四季の移り変わりを感じることは、いつでもとても嬉しいものです。

旧街道に沿った林縁の土手に、シュンランが一輪、花を咲かせていました。

P3225974.jpg P3225975.jpg
(20120322 千葉市若葉区)

国内の多くの地域で、春の里山を代表する野生ランと言えば、やはりこれでしょう。何しろ名前からして、春の蘭と書いてシュンランです。房総半島では「ジジババ」なんていう別名もありますけれども、ありがたいことにこのブログにはお子様の読者もいらっしゃるということですから、その由来の解説はここでは避けておきます。知りたい方はあまり周囲に人の多くないところで年輩の方に聞くか、ネットで検索してみてください。

※シュンラン
千葉市レッドリスト・B(重要保護生物)

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/03/22 20:44 ] 山野草 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。