スッポン・2012年

2012.03.30(Fri)

私が千葉市内の河川でスッポンを初めて実際に目撃したのは2010年の5月のことでした

千葉県内に生息するスッポンの場合、野外で目撃してもそれが在来の個体であるのか、あるいは養殖個体に由来するものであるのか、いまだに本格的な研究がなされていません。ともあれ、この2年間私が調べたところでは、その河川の特定の区間に、複数頭のスッポンが生息していることは明らかです。

スッポンの冬眠条件は水温によるようです。春を迎え、今年もついに現れました。

P3296008.jpg P3296013.jpg
(20120329 千葉市)

色(意外と個体間の変異が多彩です)、形、大きさ、目撃地点から、おそらく一昨年5月に初めて確認したものと同一個体かと思われます。甲長は30cmを超えるかと思われ、迫力満点です。しかし、ここから少し上流には、さらに大きい怪物的な個体も生息しているのです。スッポンはほぼ完全な水生ですが、一方で特に大型の個体は日光浴を好み、一日のうちかなりの時間を陸上で文字通りの甲羅干しをして過ごします。私の観察では、その場所と時間のサイクルは個体ごとにだいたい決まっています。

私は小さな頃から、外をうろうろして生き物を眺めるのが好きでした。その頃は、もっと大きくなればそんなにうろうろしたくなくなるよ、と言われたものです。今、37歳になりましたが、うろうろしたい、生き物を眺めたいという気持ちは薄れるどころか強くなるばかりです。同じところに何度通っても、決して飽きることがありません。こんなにもおもしろい生き物たちが、この千葉の里山にはたくさん暮らしているのですから。

※スッポン
環境省レッドリスト・DD(情報不足)
千葉県レッドリスト・情報不足
千葉市レッドリスト・X(消息不明・絶滅生物)
関連記事
スポンサーサイト

Category: 爬虫類

19:11 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

うりゅう #-

ごめんなさい
40歳でもうろうろしているどころか
転勤先でもうろうろを計画しています
転勤先の安曇野ではうろうろし甲斐がありそうです

2012.03.30(Fri) 22:56 | URL | EDIT

tak #o/PXu/q6

>うりゅうさん
先輩の存在が心強いです(笑)。
安曇野でのうろうろのご成果、のんびりと楽しみにしております。私もがんばります。

2012.03.31(Sat) 17:05 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
683位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
69位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑