アズマヒキガエルの繁殖行動・2012年

2012.04.05(Thu)

うんと遅く感じた昨年よりさらに遅れて、アズマヒキガエルの繁殖行動がピークを迎えております。めちゃくゃな天気だった3日から一夜明けた4日、谷津の奥の池には多数のカエルが現れ、パートナー探しにいそしむ姿が見られました。

P4046037.jpg P4046043.jpg
(20120404 千葉市若葉区)

出てくればうんと目立つこのひとたち、この春はあまりにも出てこないので、「みんな死んだんじゃないか?」と心配になるほどでしたが、元気だったようで何よりです。

ひも状の卵塊は、直線に伸ばすと5mを超えるそうで、中には数千個の卵が含まれております。

P4050557.jpg P4050558.jpg
(20120404 千葉市若葉区)

繁殖行動が遅れた原因の一端は、春先の寒波にあるでしょう。しかし、私が深刻だと思うのはむしろ「乾燥化」です。特に房総半島が世界に誇る「谷津田地形」の奥の、湧水に由来する池や水路、水たまりのようなところでは、「昨年までの同時期には水があったが今年はカラッカラ」という場所があまりにも多すぎます。そしてその傾向は年ごとに強まっています。ヒキガエルに限らず、こうした環境にどれだけの生き物が依存しているかを考えると、それは非常に深刻な問題です。

※アズマヒキガエル
千葉県レッドリスト・C(要保護生物)
千葉市レッドリスト・C(要保護生物)


▽アズマヒキガエルに関する過去の記事

アズマヒキガエルの休眠(2011.6.2)

アズマヒキガエルの幼生が上陸間近(2011.5.19)

アズマヒキガエルの幼生(2011.4.26)

アズマヒキガエルの繁殖行動が最盛期(2011.3.30)

アズマヒキガエルの繁殖行動・2011年(2011.3.18)

アズマヒキガエル、ウシガエルに抱接する(2010.3.18)

産卵後のアズマヒキガエル(2010.3.16)

鹿島川沿いの田んぼにおけるカエルの卵塊(2010.3.13)

アズマヒキガエルの卵塊(2010.3.8)

アズマヒキガエル出現(2010.3.3)

千葉市の両生類(2010.1.24)

アズマヒキガエルの繁殖行動(2009.3.25)

アズマヒキガエルの午睡(2008.4.15)

アズマヒキガエル(2008.3.19)
関連記事
スポンサーサイト

Category: 両生類

17:08 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
795位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
83位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑