ニョイスミレ

2012.04.06(Fri)

この時期、田の畦などでよく見かける、白くてちっちゃなこのスミレ、学名Viola verecunda。和名だと「ツボスミレ」と「ニョイスミレ」の二つがあります。和名には「こっちでなければならない」という決まりがなく、図鑑によってどちらかの名前だったり両方が併記されていたりしますが、私は「ニョイスミレ」、「如意菫」の方が何となく言葉の響きとして好きなので、そちらを用いさせて頂きます。

P4050566.jpg P4050570.jpg
(20120405 千葉市若葉区)

そもそも語源としては、「ツボスミレ」とは「坪菫」で、庭に生える菫の意、「如意菫」は仏具の如意に似ているからということで、牧野富太郎先生の命名によります。

「花弁の直径は〇〇mm」とか言うよりも、私の手の指と比べた方がスケール感がイメージしやすいでしょう。葉はほぼ完全なハート形です。

P4050565.jpg P4050569.jpg
(20120405 千葉市若葉区)

小さくて背が低く、おまけに微妙に下を向いて咲いているので、ちょっとした群落をなしていてもなかなか目につきにくい植物ではあります。世間では上を向いて歩こう、と申しますが、私は、こうした花に出会うためには、たまには下を向いて歩くのもいいと思います。第一、田んぼで上を向いて歩いていたらほぼ確実に落ちますしね。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

17:52 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
683位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
69位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑