ヒヨドリ、サクラの花から吸蜜する

2012.04.08(Sun)

どこにでもいてギャーギャーうるさいヒヨドリは、実は日本列島とその周辺にしか分布しません。それがために海外からわざわざこの鳥を見に来るマニアな人もいるのだそうです。

雑食性のヒヨドリは、甘いものが大好きです。ちょうど満開のサクラの花にやってきて吸蜜しているところに行き会いました。

P4076039.jpg P4076040.jpg
(20120407 千葉市若葉区)

こうしてサクラの花に囲まれているところを見ると、確かにフジヤマ・ゲイシャ・アキハバラなどの系譜に連なる、「外国人が想像した日本」的なオリエンタルな情緒があるのかもしれないという気がしないこともないように思えなくもないかもしれません。

動画も撮影してみました。



こうして花の蜜を吸っている際に、やはり蜜を求めてやってきた昆虫をとらえ、ついでのように食べていることもよくあります。臨機応変です。

▽ヒヨドリに関する過去の記事

ヒヨドリ@泉自然公園 2010.1.2

ヒヨドリ 2009.12.17

ヒヨドリの水浴び 2009.5.12

ヒヨドリ 2008.4.25
関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

12:47 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

うりゅう #-

飯田線伊那小沢駅の寒桜
毎年訪れるのですが
今年はヒヨドリによる花弁の食害がひどかったです
それもこれも寒桜しか咲いていない時期が長すぎたせい
例年なら寒桜を追うように各種の桜が咲くのですが
今年は寒くて食べ物が無かったのでしょうね
寒桜はまともに花を見ない内に
花弁を食べられて散る事も出来ない状態でした

2012.04.08(Sun) 19:35 | URL | EDIT

tak #o/PXu/q6

気象の異常はいろんなところに影響を及ぼしますね。
こちらではヒヨドリが花弁を食べている姿は、実はあまり見たことがありません。やはりところ変われば生活も変わるのですね。

2012.04.09(Mon) 20:11 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
64位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑