シオヤトンボの未成熟個体

2012.04.20(Fri)

今年初めて、トンボを見ました。シオヤトンボの雌です。羽化してしばらくは、このように複眼が白濁したような色をしております。

P4186195.jpg
(20120418 千葉市)

雄は成熟すると全身灰白色の粉に覆われますが、雌はだいたいこのままの色です。幼虫は湿地や水田、ことに湧水の流れ込む休耕田や廃田の浅い泥の中からよく発生します。毎年4月にはこうして成虫が現れ、北総地域では、春先もっとも早くに見られるトンボのひとつです。

▽シオヤトンボに関する過去の記事

シオヤトンボの交尾 2009.5.22

シオヤトンボ(♂) 2009.5.2
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

19:59 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
64位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑