キイロホソガガンボの交尾

2012.05.02(Wed)

千葉市近辺で見られるガガンボには実はずいぶん多様な種類があるのですが、キイロホソガガンボはその中でも比較的普通に見られます。

林縁の葉上で交尾中のところをパチリ。

P5016393.jpg
(20120501 千葉市若葉区)

上の太い方が雌、下の少し細いのが雄です。

ガガンボは確かにカに似ているけれど、針状の口を持っておらず、人の血を吸う能力も習性も有しておりません。成虫に羽化した後はせいぜいが樹液や花の蜜をなめる程度で、寿命も数日から一週間程度しかないのです。その間にこうして繁殖行動を済ませ、次代に命をつなぐと死んでいきます。昆虫が成虫になると翅を持つのは、まさにそのためなのです。

▽キイロホソガガンボの過去の記事

キイロホソガガンボ 2008.6.7
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・ハエ目

12:01 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
683位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
69位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑