タイワンキシタアツバ

2012.05.04(Fri)

「台湾」という名前からいかにも外来種のようなイメージを受けますがそんなことはなく、日本各地で比較的普通に見られるヤガ科アツバ亜科のガであります。

P5016428.jpg
(20120501 長生郡長柄町)

「キシタ」は「黄下」で、この写真でもわずかに覗いている後翅が黄色いことに由来します。飛んでいる時にはこの黄色がよく目立ち鮮やかです。とまっている時には全体的に三角形、模様も三角形でなかなか綺麗です。

幼虫の食草はイラクサ科のヤブマオとされています。ヤブマオというと「何それ?」となる方も多いかもしれません。実はこれも、わりあい普通に全国各地で見られる植物です。多分、ネットで画像検索してみると「ああ、これね」って納得して頂けると思います。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

22:28 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
650位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
72位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑