DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニホンカワトンボ・2012年

ニホンカワトンボは、房総半島では4月中旬以降に成虫が出現します。ゴールデンウィークも過ぎ、その活動はピークを迎えています。

この谷津田では毎月生物調査を実施させて頂いているのですが、前月まであちこちの土水路でヤゴを確認していました。そして期待通り、水路の上空、そして植物上に非常に高密度で成虫が見られました。

P5086457.jpg P5086464.jpg
(20120508 袖ヶ浦市)

ご覧の通り、翅の色には橙色型から無色型まで様々な変異があり、しかも成熟した橙色翅型の雄は腹部に博銀色の粉を吹いたりするので、一見して同種のトンボとは思えないほどその姿はバラエティに富んでいます。

このように流水の周辺を鮮やかに彩っているカワトンボはあとひと月もすると消えてしまい、入れ替わるように真っ黒なハグロトンボが出現します。そうしたら、いよいよ暑い夏です。

※ニホンカワトンボ
千葉市レッドリスト・C(要保護生物)


▽ニホンカワトンボに関する過去の記事

ニホンカワトンボのヤゴ 2011.9.26

ニホンカワトンボの未成熟個体 2010.4.24

ニホンカワトンボのいろいろ 2009.5.17

ニホンカワトンボ 2009.5.1
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/09 21:00 ] 昆虫類・トンボ目 | TB(-) | CM(2)
ニホンカワトンボとアサヒナカワトンボ、同定にいつも苦慮しています。
私にとっては悩ましいトンボです。。。
[ 2012/05/09 23:09 ] [ 編集 ]
>hayenokazeさん
幸いというか、私の動いている地域ではニホンカワトンボしかいないので、何とか助かっております・・・

アサヒナカワトンボ、一度見てみたい生き物のひとつです。
[ 2012/05/10 18:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。