シオヤトンボの産卵

2012.05.10(Thu)

谷津の奥の沼地の上空を、しきりにホバリングしているシオヤトンボの雌に出会いました。

P5086487.jpg
(20120508 袖ヶ浦市)

やがて、尾部で激しく水を叩いて前方に飛ばすようなスタイルで産卵を始めました。これを「飛水産卵」と呼びます。足元がぬかるみ過ぎていて近づけなかったのでやや不鮮明ですが、動画でご覧ください。



これでもわかる通り、雄が付近を飛び回り、隙を見て雌を奪い取ろうとする別の雄から力づくで守っています。これは「警護飛翔」と呼ばれる行動です。やがて孵化した幼虫はこうした湿地などの浅い泥の中に潜って成長し、1年を経て成虫となるのです。

▽シオヤトンボに関する過去の記事

シオヤトンボの未成熟個体 2012.4.20

シオヤトンボの交尾 2009.5.22

シオヤトンボ(♂) 2009.5.2
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

19:54 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
48位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑