DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トウキョウサンショウウオの幼生

初夏を迎え、湧水の流れ込む水たまりではトウキョウサンショウウオの幼生がすくすくと育っています。

P5086532.jpg
(20120508 袖ヶ浦市)

ちっちゃいながら手足も生え揃い、外鰓がある以外は立派なサンショウウオの形になってきました。ただし、絶対的なサイズはまだまだ小さく、同じところにいるシュレーゲルアオガエルの幼生と比べて、この程度の大きさです。

P5086526.jpg
(20120508 袖ヶ浦市)

この写真の場所では、谷津田の管理者の方がうまいこと乾上がらない工夫をしてくださっているのですが、昨今の乾燥化により房総半島のあちこちで湧水の水位低下が進んでいることは、トウキョウサンショウウオの生育にとって大きな問題です。また、アメリカザリガニに加えてアライグマやイノシシの増加による捕食圧も深刻です。そうして考えると、トウキョウサンショウウオの生存の危機は、すなわち健全な谷津田の生態系に対する危機の象徴でもあるとも言えるのです。

※トウキョウサンショウウオ
環境省レッドリスト・VU(絶滅危惧Ⅱ類)
千葉県レッドリスト・A(最重要保護生物)
千葉市レッドリスト・A(最重要保護生物)


▽トウキョウサンショウウオに関する過去の記事

トウキョウサンショウウオの卵嚢 2012.4.19

トウキョウサンショウウオ 2012.2.14

トウキョウサンショウウオの幼生 2010.5.24
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/13 19:00 ] 両生類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。