DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レンゲソウ

小さな王冠のように美しいレンゲソウが、「緑肥」となることはよく知られています。秋に田んぼに種子をまいておき、田起こしの時に土中に鋤き込んでしまうことで土を肥やすことができるというわけです。

P5086566.jpg P5086568.jpg
(20120508 袖ヶ浦市)

ではいったい、どうしてレンゲを鋤き込むことが田んぼの土を肥やすことになるのでしょう。それには、こいつの根っこに共生している「根粒菌」というものが関係しています。

ものすごく簡単かつ乱暴に言うと、植物の成長には窒素が欠かせません。なんだ、窒素なんて大気中にたくさんあるじゃないか、と考える方もいらっしゃるかも知れませんが、大気中にある窒素は化学式N2で表される「窒素分子」と呼ばれるものでして、そのままでは植物が利用することはできないのです。

ところが、この「根粒菌」は、ニトロゲナーゼという酵素を持っておりまして、これでもって窒素分子をアンモニア態窒素という、植物が利用できる形に変換し、宿主である植物に供給することができるのです。でありますから、そんなものと共生しているレンゲソウは天然の肥料、すなわち緑肥であり、それを土中に鋤き込むと土壌が改良されると、まあこういうわけです。

何にせよ先人というのは賢いものだなあ、と思うと、春先の田んぼに一面に咲き誇るレンゲソウ、というのはいかにも古き良き日本の風景、という感じがしますが、実はこのレンゲソウ、古い時代に中国から渡来した帰化植物だというのは、緑肥であることほどには知られていない事実でもあります。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/14 21:36 ] 山野草 | TB(-) | CM(2)
こっそり。
ひっそり書き込みをば。

昔はこれがばーっと咲いている場所が近所にたくさんありましたが、宅地化が進みあっという間にそんな場所もなくなりました。

ワタクシはこれが大好きで小さい頃たくさん摘んではままごとの材料にしたものです。

懐かしく眺めました。
[ 2012/11/20 00:59 ] [ 編集 ]
>ルイさん
お久しぶりです。
レンゲソウかわいいですよね。綺麗だしいろんなものに見立てられるし、おままごとにはぴったりですね。
最近は花摘みしてる子もすっかり見かけなくなりました。。。
[ 2012/11/20 11:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。