クロイトトンボの連結産卵

2012.05.17(Thu)

昨年、クロイトトンボを見つけた市内の池を再訪しました。産卵行動が見られるのではないかと思ったのです。

アタリです。じーっと目を凝らすと、池に浮かぶスイレンの葉の上に、綺麗なつまようじみたいなものがたくさん乗っかっています。全部クロイトトンボです。胸部に白い粉を吹いたようになっているのは、成熟した雄である証です。

P5166678.jpg P5166687.jpg
(20120516 千葉市若葉区)

さらに目を凝らすと、たくさんのペアが今まさに連結産卵の真っ最中。

P5166659.jpg P5166662.jpg
(20120516 千葉市若葉区)

クロイトトンボの産卵は、こうしてつながった状態で、水面下の植物質に行われます。時には、雌の体がかなり水面下に潜った状態で行われることもあります。動画もご覧ください。



何でもそうなのですが、生き物って、そこにいてもなかなか「見えない」ものです。このように小さな生き物だとなおさらです。「いるだろう」とか「いるかな?」と思って見ないと、相当たくさんいても目に入らなかったりします。池や沼をのぞく時はちょっとそういうつもりでのぞいてみると、皆様も何か素敵なものに出会えるかもしれなせん。

▽クロイトトンボに関する過去の記事

クロイトトンボ 2011.6.30

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

11:50 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
925位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
101位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑