DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラクダムシ

アミメカゲロウ目としましたが、最近ではむしろ独立のラクダムシ目として扱われるようになり、新しい図鑑などにもそのように記載されることが多くなりました。その謎めいた素性にふさわしく、このラクダムシは格好もなんだか謎めいています。

P5186712.jpg P5186716.jpg
(20120518 千葉市稲毛区)

体長はわずか2cmほど。この写真の個体は雌で、お尻から産卵管が突き出ています。ヘビトンボにも、またシリアゲムシの仲間にも似た奇妙なプロポーションです。幼虫は樹皮の下で暮らし、キクイムシの幼虫などを捕食して成長します。その生態にはいまだ明らかになっていない点も多いようです。

※ラクダムシ
千葉市レッドリスト・A(最重要保護生物)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/19 22:25 ] 昆虫類・アミメカゲロウ目 | TB(-) | CM(2)
種名の変更やら、目名の変更やら、本当に大変ですね。
まったくもって、混乱しています。

そこまでする必要があるのですかね。
[ 2012/05/21 22:24 ] [ 編集 ]
>hayenokazeさん
真理のためとはいえ、時々混乱する場合がありますよね。

当の虫たちはなんにも知らないのですが・・・
[ 2012/05/22 20:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。