アイイロニワゼキショウ

2012.05.24(Thu)

ニワゼキショウだったらそこらへんにいっぱい生えていますが、アイイロニワゼキショウを野外で見かけることは滅多にありません。谷津田の奥の日当たりの良い畦に、数本だけ咲いているのに出会いました。

P5236810.jpg P5236813.jpg
(20120523 千葉市若葉区)

確かにニワゼキショウによく似ているものの、雄しべが合着して高く飛び出し、花びらの先がリボン状に細くなっているので容易に区別できます。藍色というよりはむしろ空色で、リンドウの仲間を思わせるような色です。

P5236811.jpg
(20120523 千葉市若葉区)

花びらの直径はニワゼキショウよりむしろ小さく、1cmちょっとくらいしかありません。そのかわり背丈はずっと高く、20~30cmにまで達します。

ニワゼキショウと同じく北米原産の帰化植物です。実のところニワゼキショウ属には100種類以上があり、そのすべてが北米原産なのです。その分類はまだ研究途上にあり、今後、この種にも新たな名が冠せられたりすることもあるかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

20:53 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
683位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
69位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑