マダラアシゾウムシ

2012.05.28(Mon)

マダラアシゾウムシが、農道を横断中でした。

IMG_7692.jpg IMG_7693.jpg
(20120528 千葉市若葉区)

体長は1.5cmほどですが、接写するといやはや凹凸だらけでいかついのなんの、迫力満点です。脚は名前の通り斑模様が入っており、そこらへんも中世の陸戦兵器を思わせます。

実際には、動きの鈍い、幼虫はクヌギなどの枯木の材質等を食べ、成虫はその樹液を吸ったりする虫で、敵に襲われた際には擬死、すなわち「死んだふり」で対抗するという平和主義者です。そしてこのミリタリーっぽいカラーリングも実は迷彩色というか保護色で、樹皮にとまると途端に周囲に溶け込み、まったく目立たなくなるのです。

そして私がこの虫の名前を長年「マダラコブゾウムシ」だと勘違いしていたことは、できれば内緒にしておいてください。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

18:35 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
738位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
70位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑