DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

卵嚢を保護するアズマキシダグモ

アズマキシダグモは、網を張らずに植物上などで獲物を待ち受けて捕食する、徘徊性のクモです。体長は大きくても1.5cmくらいなのですけれど、クモというのは脚が長いのでもっと大きく見えます。その体色や模様には実に様々な個体間変異があります。

何やら白いカタマリをくっつけて歩いているのに出会いました。

P6087078.jpg
(20120608 千葉市若葉区)

これは、「雌が卵嚢を保護しているの図」です。しばしば「卵を抱いて歩いている」というふうに表現される光景ですが、実は抱いているのではなく口でくわえているのです。雌はこの後、孵化の頃になると植物の葉に糸で簡素な網を作って卵嚢を固定し、孵化するまで見守るのです。

▽アズマキシダグモに関する過去の記事

アズマキシダグモ 2011.3.4


関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/06/09 11:32 ] 鋏角類 | TB(-) | CM(2)
クモの同定
クモの仲間、成長などによっても変異が激しいので、いつも同定に苦労しています。
そのくせまじまじと見たら可愛いいので、同定なんてどうでもいいやって、気になってしまいます。

卵嚢から幼体が出てくるとき、まさしく「蜘蛛の子を散らす」状態が出現するわけですね。
[ 2012/06/10 23:29 ] [ 編集 ]
>hayenokazeさん
同じ種でも模様に変異があったりするのでなおさらですね。
私もクモとガにはいつも苦労しております。
[ 2012/06/11 11:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。