ニホンアカガエルの上陸・2012年

2012.06.12(Tue)

春先の寒波や、前年から続く乾燥化の影響でしょうか。今年は千葉市郊外ではニホンアカガエルの産卵数自体が非常に少ない場所が多く、場所によっては10分の1以下になっているところさえあります。

一つの卵塊には数百個の卵が含まれていますので、いくつかの卵塊が何とかまとまって育てば変態上陸する個体数はそれなりのものになりはします。この谷津では、1枚の田んぼからのみ、子ガエルたちがぴちぴちと変態上陸の真っ最中でした。

P6107083.jpg
(20120610 千葉市若葉区)

例年でしたら、谷津全体がこうした子ガエル「足の踏み場もない」ような状況になるのですが・・・。

ニホンアカガエルは、変態からしばらくは生まれた田んぼのそばにとどまります。そしてやや成長すると少し水から離れ、近辺の林床などに散っていきます。時には、生まれた田んぼから数百メートルも離れた場所で生活している個体もあります。

※ニホンアカガエル
千葉県レッドリスト・A(最重要保護生物)
千葉市レッドリスト・A(最重要保護生物)


▽ニホンアカガエルに関する過去の記事

ニホンアカガエルの孵化・2012年 2012.3.13

ニホンアカガエルの卵塊・2012年 2012.2.10

ヤマカガシ、ニホンアカガエルを捕食する 2011.10.12

ニホンアカガエルの遅い産卵 2011.4.20

ニホンアカガエルの孵化・2011年 2011.3.8

ニホンアカガエルの卵塊・2011年 2011.2.19

庭のニホンアカガエル 2010.10.20

鹿島川沿いの田んぼにおけるカエルの卵塊 2010.3.13

ヤマカガシ、ニホンアカガエルを捕食する 2010.3.4

休耕田のニホンアカガエルの卵塊 2010.2.20

ニホンアカガエルの卵塊・2010 2010.2.4

千葉市の両生類 2010.1.24

ニホンアカガエルのいろんな体色 2009.9.5

ニホンアカガエルの幼体 2009.6.1

ニホンアカガエルの卵塊@大草谷津田生きものの里 2009.2.2

秋の田んぼのニホンアカガエル 2008.10.28

ニホンアカガエル 2008.9.9

ニホンアカガエルの上陸 2008.6.2

ニホンアカガエルの卵塊 2008.2.28
関連記事
スポンサーサイト

Category: 両生類

20:22 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

hayenokaze(南風) #-

今年2月11日に、孵化するところを見ましたが、それ以後、その場所ではニホンアカガエルを見ていません。
その場所から離れたのでしょうね。
こちらももう少し、追いかけてみたいと思います。

2012.06.13(Wed) 20:30 | URL | EDIT

tak #o/PXu/q6

>hayenokazeさん
オタマジャクシはいろいろな動物の餌にもなりますし、また分散もしていきますね。
子ガエルになった彼らに出会えたら嬉しいですね!

2012.06.13(Wed) 21:37 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
795位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
83位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑