シモツケ

2012.06.13(Wed)

降りしきる雨の中、谷津田の林縁ではシモツケが淡紅色の鮮やかな花を咲かせていました。

P6127129.jpg P6127135.jpg
(20120612 袖ヶ浦市)

北海道から九州まで、主に山地の日当たりの良い場所に自生するバラ科の落葉低木です。綺麗で頑丈なため、公園などにもよく植栽されていますね。

名前の「シモツケ」というのは「下野」、つまり栃木県の旧名のことでして、下野国で最初に見つかったからとも、下野国産のものが古くから流通していたためとも言われます。千葉県内では、房総丘陵でよく見られます。その開花時期は、ちょうど梅雨時と重なっています。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

21:45 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
650位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
72位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑