ニホンイシガメの日光浴・2012年

2012.06.15(Fri)

スッポンの項でも何度か書いた通り、カメの仲間はわりあい毎日の生活がルーティーン化しているというか、日光浴などほぼ毎回同じ場所で行っていることが多いです。

スッポンがいるのと同じ河川の同じ区間には、当然のようにアカミミガメ、そしてクサガメ、ニホンイシガメも住んでいます。その中でひときわ目立つ大きなイシガメがおり、今年も今月の初めごろから、前年までと同じ場所に日光浴に出てくるようになりました。

P6147151.jpg P6147162.jpg
(20120614 千葉市若葉区)

「ああ、今年も会えたなあ」と思うと、なんだかほっとします。

現在まで、晴れている日にはだいたい毎日出てきています。この場所は川の中洲の砂地で、他にもたくさんのカメが集まります。運が良ければ在来種・外来種問わず千葉市内に生息するメジャーな種類のカメを一度に観察できるという、私のような人間にとっては大変ありがたい場所です。

※ニホンイシガメ
環境省レッドリスト・DD(情報不足)
千葉県レッドリスト・A(最重要保護生物)
千葉市レッドリスト・A(最重要保護生物)


▽ニホンイシガメに関する過去の記事

ニホンイシガメの日光浴・2011年 2011.5.20

ニホンイシガメ@綿打池 2011.4.13 

ニホンイシガメの日光浴・11月 2010.11.30

ニホンイシガメの日光浴 2010.7.25

ニホンイシガメ@都川 2010.5.5

ニホンイシガメ@都川 2010.4.20

ニホンイシガメ@不忍池 2009.9.11

ニホンイシガメ@綿打池 2009.7.18
関連記事
スポンサーサイト

Category: 爬虫類

17:32 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
655位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
70位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑