ウキクサ

2012.06.26(Tue)

田んぼにはびこるウキクサは、日光を遮って水温を下げ、稲の生育を阻害するとして除草の対象となります。あるいはまた、他の水田雑草の生育をも阻害するという面から、このウキクサ自体の除草効果をとりあげられることもあります。

P6257418.jpg P6257419.jpg
(20120625 千葉市若葉区)

いずれにせよ、通常は分裂による無性増殖で、とにかくよく増える植物です。金魚の水槽のなんぞにちょいとひとすくい入れておいたら、あっというまに大繁殖、なんて経験をされた方も多いことでしょう。手間がかからずに増えてくれるので、子供向けの教材とかには大変便利でもあります。上から見ていると葉っぱだけが浮いているようだけれども、実はこれは葉と茎が合わさった「葉状体」という形態です。この中には空気が入っており、それでもって浮かぶわけです。

実はこのウキクサ、サトイモに近い植物でして、最近の分類体系ではサトイモ科に含められたりもしています。同じように水面に浮かんでいる植物でも、オオアカウキクサなどは水生シダ植物、イチョウウキゴケなどはコケ植物のほうに属しており、これとはだいぶ違った仲間です。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 水生植物

14:41 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

hayenokaze(南風) #-

ウキクサの大繁殖で、イネが立ち枯れしてしまう。
そんな光景に、こどもの頃、出会いました。

ウキクサって、古来からの、いわゆる在来種なんでしょうか。
ちょっと知りたいですね。

2012.06.26(Tue) 23:56 | URL | EDIT

tak #o/PXu/q6

>hayenokazeさん
ウキクサ、鳥などによって運ばれて世界中に分布を広げたようですね。

育ててみると、大げさでなく数日で倍くらいになったりしますよね。

2012.06.27(Wed) 20:52 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
64位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑